皆さまこんばんは。夜

 

夏が終わり、運動会のお手紙が届く季節になりました。運動会

 

運動会

運動会と言えば・・・

 

かけっこ

“かけっこ”

綱引き

“つなひき”

玉入れ

“たまいれ”

 

などが、定番ですね。

 

 

この「玉入れ」・・・ですが、

玉はどのような動きで、

カゴに入っていくでしょうか?

 

そう

このような感じで、

『放物線』を描きながら

カゴに入っていきます。

↓

玉入れ放物線

 

この放物線とういうものを

自分でボールを投げて、

理解することが大切です。

 

また、投げるボール(の質)には、

山なりの軌道を描くボールだけではなく、

“真っ直ぐなストレートボール”もあります。

ドッジボール

 

どちらもたくさん投げて、

『経験する』ことが大切ですね。

 

そこで、先回のアレグランの体育教室では、

以下のような設定で、ボール投げを楽しみました!バンザイ

 

これは??はてな

放物線ボール

 

つまり・・・

脚立にバウンド

脚立のてっぺんにボールを落とし、

バウンドさせるゲームでした・・・!!驚き

 

うまくバウンドさせると1点です!

 

「何点とれるか??」

 

盛り上がりました!ウインク

 

さらに・・・

?

一体、何を喜んでいるのでしょうか??はてな

 

これは

つまり・・・

↓

ボール当て

脚立の上に置かれたボールに、

自分が投げたボールを当てて、

落とすゲームでした・・・!かお

 

こちらも、かなり盛り上がりました!!

 

きれいに当たると、脚立の上のボールは、

勢いよくはじき落とされます。ボール

 

“ボールを投げる技術”が身についてきましたら、

キャッチボールも楽しくできるようになります。ポイント

 

キャッチボール1

 

先回は、ボールをキャッチする(受ける)ことを

重点的に取り組みました。

★前回の活動の様子はこちらです

 

“楽しく”

そして

“意味ある課題”

“段階を踏んで“

与えてあげることで、

どんどん子どもたちは、上手になります。

 

 

正しい努力は、上達へと導きます!ok