皆さまこんばんは。

 

台風が近づいてきているようですね。台風

 

現在、私たちの愛知県内も、

三河地方に大雨洪水警報が発令されているようです。

明日にかけて風雨が強まる恐れがあります。

どうかお気をつけください。

 

 

さて、今回は、先回の体育教室で実施しました内容を

ご紹介します。

 

この9月に入ってから、ボール運動に取り組んでいます。

 

子どもたちが、ボールについて

難しく感じるところ・・・

それは、

 「当たると痛いな・・・」

 「飛んだり、転がったりするボールの動きに合わせるのが・・・」

 「チームプレーが今ひとつ・・・」

といったところでしょうか。。。

 

まず、ボールは“いろいろなゲーム”にも発展させることができる道具です。

 

ですから、ボールは本来、いろいろな楽しい内容で、

子どもたちも前向きに取り組むことができる種目です。ひらめき

 

しかし、楽しむためには・・・

ボールの特性を理解することが大切です。

 

『ボールが丸いことを理解すること』

 

サッカーの神様、ペレはそう言ったそうです。。。ブラジル

 

先回のアレグラン体育教室とサッカーの動きづくり教室では、

「ボールの特性を理解してもらうため」に、

次の3つのボール遊びを行いました。

 

しかし、

遊びといっても・・・子どもたちは、実に真剣に取り組んでいました!

 

☆第1のゲーム

「新聞ボールリフティング」

Ready・・・

Go!ロケット

Catch!!

 

ボールはキャッチしますが、

新聞は、決して破いてはいけません!!?

 

これを何回行えるかを競いました。

(*新聞が破れるとゲームオーバーです)

 

 

☆第2のゲーム

「新聞テープカッターボール」

的は、新聞でできた細長いテープです。

 

充分に狙いを定めて・・・

投げます!ボール

 

皆、良いフォームで投げることができているのですが・・・

なかなか当たらず・・・汗

 

一番最初にテープカットできたのは・・・

やはり、高学年でした。おめでとう

 

 

☆第3のゲーム

「仲良しドリブル」

???

縛られているけど・・・大丈夫 はてな

 

大丈夫です!OK

この状況で2人仲良く手でドリブルを行います。バウンド

さすがですね!

止まった状態であれば、問題なく続きます!!拍手

 

ただしかしこれが、

「移動しながら」

と命じられると・・・

かなり大変です。かなしい

 

悪戦苦闘しながら、

青vs白のバトルを楽しみました!!

 

 

☆第4のゲーム

「げんこつリフティング」

“げんこつ”でボールを突き、ボールリフティングする単純なゲームです。

(👇げんこつの向きはこのような感じです)

登り棒を握る手のような感じですね。

 

これで正確に、ボールの下を打ちます。

きちんとボールに当たれば・・・続きます。

 

サッカーの

足でリフティングをする際に必要となる、

1 ボールの真下をとらえること

2 ボールに当てるタイミングを意識すること

3 げんこつ(*足)の中心をボールに当てること

4 げんこつ(*足)の角度を整えること

も、ここで習得ができます。

 

子どもたちは、とても集中していました。

それはきっと・・・

内容が子どもたちにとって、

『自然と夢中になれるもの』

だったからではないでしょうか。

 

遊びながら上手くなれれば・・・

それはとても素晴らしいことです。

 

しかし、明らかに“遊び”という雰囲気は、

(真の遊びを知らない子どもにとっては)

「遊び = いい加減、おふざけ・・・あきらめ」

になる可能性もあります。汗

 

ですので、指導者も事前の活動内容のチェックはもちろん、

実施中も、子どもたちの集中力の入り具合や取り組み方を、

遠くからチェックする必要があります。ポイント

(グダグダな活動をしていても、決して上達は望めないからです)

 

今回は、

子どもたちが自然に楽しめ、

ボールに親しみながら、

ボール(の特徴)を理解する内容を実施しました。笑顔

 

アレグランっ子の素晴らしいところ・・・

見つけました。目

 

それは、楽しみながら真剣に取り組むところです。グッド

 

この姿勢が続く限り、どんどん上手になります

 

 

“上達を意図した”楽しい活動の中で、

自然に子どもたちは上達していきます!!ok