“初蹴り会”・・・

 

ですが

 

いつもの週末の練習会でもあります。

 

 

 

アレグランの週末の練習会とは?

 

 

 

“ガチンコ”の親子対決

 

の場面もあります。

 

 

 

 

ところで子どもたち

 

・・・

 

日常生活の中で

 

お父さんの力を肌で感じること

 

・・・

 

ありますか?

 

 

 

でも

 

アレグランの週末の練習会では

 

その機会があります。

 

 

「大人は強いな」

 

「大人は大きいな」

 

と子どもたちに感じてもらうだけでも

 

練習会の意味は

 

一つ達成しているといえます。

 

 

 

では

 

何コマかの画像で

 

振り返ってみましょう。

 

 

「一人よりも二人」

👆

上の画像ですと

 

身体の大きなお父さんも

 

不自由になっていますね。

 

 

それは

 

右から左から

 

“挟まれている”

 

からです。

 

 

面倒くさがらないで動けば

 

(身体的に)力の弱い子どもでも

 

充分太刀打ちができます!

 

 

 

👆

こちらも同様です。

 

 

確実に進路を塞げば

 

相手(※ボール保持者)のプレーは

 

制限されます。

 

 

そして、

 

ボールの奪いどころでは

 

一人よりも二人の

 

数的優位な守備を心がけることです!

 

 

 

そして、もう一つ

 

この画像から感じていただきたいのは・・・

 

「ボールをどこに置くか」

 

です。

 

 

この画像に登場した子は

 

“左利き”

 

です。

 

 

ですから・・・

 

「右or左どちらにボールを置くか?」

 

つまり

 

『自由か不自由か』

 

は明らかです。

 

 

自分が得意な足(強い形)で

 

相手と向き合えば

 

難しい状況でも

 

打開は不可能ではありません!

 

 

 

「ボールの置き場所を整える」

👆

これも先の画像と同様です。

 

右利きの子(※画像の場合)ですと

 

この形であれば、

 

ほぼなんでも可能です!

 

 

フェイントの数云々よりも

 

実は実は

 

“ココ”

 

が最も大事な部分なのです。

 

 

 

◎ボールの持ち方

 

◎ボールの置き場所

 

・・・

 

ここが正しく整っているかが

 

・・・・・・

 

とてもとても大切なのです!!

 

 

 

 

楽しいだけでなく

 

将来につながる指導とは何か?

 

ここを追求しているのが

 

アレグランです。

 

 

 

 

それは

 

週末の練習会であっても

 

全くブレることはありません!

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで・・・

 

ヾ(´・ω・)ノ゛