皆さま、こんにちは。

 

雨が多いですね。

洗濯物が乾きません。。。困る

 

部屋干しのため

片づけるはずの扇風機が大活躍しています。扇風機

 

 

気がつけば10月も中旬・・・

 

少しお休みをいただいておりましたアレグラン日記、

再開します!ガッツ

 

 

 

 

 

さてさて、

 

跳び箱運動を連続して取り組んできましたが、

 

先回の体育教室で、

 

ひとまず跳び箱のトレーニングを仕上げました。

 

 

 

ここで確認したことがあります。

 

 

跳び箱の基本運動には、

 

切り返し系

 

 

回転系

 

の技があります。

 

 

 

開脚跳びは・・・

 

 

切り返し系の技になります。

 

 

 

台上前転は・・・

 

 

 

回転系の技になります。

 

 

 

 

学校体育でも、まず挑戦することになるのが、

 

開脚跳び。

 

 

 

ですが、

 

この開脚跳び・・・

 

腕の使い方がとても重要になります。ポイント

 

 

 

 

開脚跳びも台上前転も、

 

しっかりと跳び箱に手をつくことが大切になります。ポイント

 下

 

ただ・・・

 

同じように跳び箱に手をつく

 

開脚跳び(切り返し系)

 

台上前転(回転系)

 

それぞれの腕の使い方については

 

実は異なります! えっ

 

 

 

 

ではでは、開脚跳びに戻りましょう。

 

 

開脚跳びができないケースの特徴に

 

手、腕が上手く使えない

 

ことが挙げられます。

 

 

 

アレグランは、

 

その課題の部分に、

 

ピンポイントで取り組みます。

 

 

 

 

1 支持のトレーニング

 

【コーンのせゲーム】

 

手をしっかりついて、

 

腕で身体を支えることを学習します。

 

 

今回取り組んだのが、

 

次のようなゲーム。

 下

 下

 

箱の上に皿コーンとミニコーンを置いていきます。

 

 

まずミニコーンを箱の上に置きます。

 

 

 

次にそのミニコーンの上に、皿コーンを重ねます・・・

 

 

 

 

支持の力が崩れて、コーンが倒れてしまいました。。。あー

 

 

しかし、

 

「あー」

 

「うー」

 

と声をあげながらも

 

“うれしそう”に

 

コーン積みゲームに取り組んでいました! ウインク

 

 

これに少し時間をかけて取り組んだ後、

 

この腕の支持の力を使って

 

実際の跳び箱の動きに近づけていきます。階段

 

 

 

 

【支持ジャンプ】

 

ベンチ(長椅子)に手をついてジャンプします。ジャンプ

 

 

跳び箱を跳び越すために充分な高さ(*腰の位置)を出すため

 

最初は、補助も入れていきますが・・・

 

 

意識して回数をこなしていくうちに、

 

みるみる理想形に近づいていきます!

 

 

 

腕で身体を支える“支持”をきちんと行えることが、

 

開脚跳びの『跳び越しの局面』で

 

最も大切になります。

 

 

 

そしてそして・・・

 

“手をつく”

 

という力は、

 

転倒した時にも、

 

ケガ防止のためにとても重要な力になります!

 

 

 

こちらもぜひご参照ください下

 

 

 

跳び箱運動を

 

跳び箱で終わらせない

 

終わらせたくない・・・

 

 

それが、アレグランのこだわりです。ウインク

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM