皆さま、こんばんは。

 

 

蒸し暑いですね。

 

今日は近隣の児童館で夏まつりが開催されました。楽しい

 

これから各地で夏のお祭り、盆踊り

 

花火大会など、子どもたちには楽しい行事が続きます。祭り

 

夏バテしていると・・・

 

楽しいことも楽しめません!疲れ

 

体調を整えて、楽しく夏を過ごしたいですね!!元気

 

 

 

 

さてさて、

 

少し前の活動になりますが、

 

サッカーで次のような軽運動を

 

ウォーミングアップで行いました。おー

 

これ

 

よーい

 

ドン!笛

 

 

 

お皿のコーン(マーカーコーン)に置かれたボールを

 

他の皿コーンに移動させます。走る

 

 

右前屈みになる

 

・・・大腿・下腿の筋肉の「ストレッチ」

 

右膝を曲げる

 

・・・大腿・下腿の筋肉の「強化」

 

 

タイトネスな現代っ子の“運動器”に働きがけます。

 

 

運動器とは・・・??

 

 

初めてこの言葉を目にされた方は

 

コチラをご参照ください。

   指

タイトネス ~筋の柔軟性の問題~

 

 

 

 

 

話は本題に戻ります。

 

 

下の画像は、とあるイベントの風景です。

下

 

南米、アルゼンチンアルゼンチンブラジルブラジルの両雄、

 

メッシ選手とネイマール選手のボールリフティングです!サッカー

 

 

 

ところで2人は、“どこ”をねらっているのでしょうか?目

 

 

 

もちろん、ボールですが・・・

 

 

ボールの“どこ”の部分でしょうか??ねらい

 

 

 

初めにご紹介したアレグランのウォーミングアップゲーム

 

の説明に再度戻ります。

 

これ

 

ボール

 

コーン(皿コーン)

 

「乗せる」

 

でした。

 

 

 

では、

 

実際に何に気をつけるべきでしょうか???

 

 

それは、

 

“ボールの真下”

 

 

“皿コーンの頭”

 

とを

 

『正確にくっつける』

 

ことです!

 

 

 

つまり・・・

 

“ここ”を意識することなのです!!

 

 

 

ボールリフティングのポイントは、

 

正にここの部分にあります。

 

 

 

 

ウォーミングアップを通して

 

その“大切なこと”に気づいてもらうこと

 

も今回は重要なねらいでもあります。

 

 

 

 

それ(ボールの真下に合わせること)が分かったら、

 

実際に何度も何度もボールに向き合い

 

 

その中で、

 

ボールの真下をねらい、

 

「足でとらえること」

 

を繰り返します。

 

 

 

➠サッカーはゲームだけをやっていてもダメで、

 

 実際は、単純な繰り返しの練習が必要なのです。ポイント

 

 

 

 

ボールの真下が分かり、

 

そこを足の適切な部分でとらえることができるようになった時、

 

ボールリフティングは続くようになります。ポイント

 

 

 

 

子どもたちに色々な角度からアプローチし、

 

上達に導く努力をアレグランでは続けています。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM