助走からの踏み切り

 ⇩

手で身体を支え

 ⇩

着地する

 

 

・・・

 

 

これで跳び箱はOK 👍

 

と考えがちですが

 

 

・・・・・・

 

 

一般的な跳び箱の技である

 

「開脚で跳び越すこと」

 

を可能にするには

 

それだけでは足りません。

 

 

“あるもの”が必要になってきます。

 

 

 

 

 

それは・・・

 

“切り返し”

 

です!

 

 

 

 

しかし

 

・・・

 

“切り返し”

 

とは、何 ❓❔❓

 

 (・・?)

 

 

あまり耳にしたことのない言葉ですね。

 

 

その言葉が出てくるとすれば・・・

 

狭い場所への駐車の時でしょうか。。。🚙

 

 

 

サッカーの

 

 

「相手の逆をとるドリブル」

 

でしょうか。⚽

 

 

 

 

話は逸れてしまいましたので

 

元に戻します。💧

 

 

 

 

切り返しとは

 

・・・

 

つまりは、変化です。

 

ゝω・)b

 

 

 

跳び越す際に

 

跳び込んだ身体を(前方に)出し

 

その後、

 

速やかに手で突き放すこと

 

です。👆

 

 

 

この一連の動作により、

 

前方へ進む動きが発生します。

 

・・・

 

これが、切り返しです。

 

 

 

ですので、

 

切り返しができなければ・・・

 

助走、踏み切りも無駄になり、

 

跳び箱の上(*帆布部分)に

 

乗っかってしまうことになります。。。

 

ヾ|≧_|〃

 

 

「跳び箱でのつまずき」

 

 

原因の大半の部分は

 

正に“ココ”

 

にあります。

 

 

 

 

でも指導者は、

 

「しっかり踏み切って!」

 

「思いっきり手をついて!」

 

と連呼してしまいがちです。。。

 

 

ただし、

 

踏み切りをしっかり

 

跳び箱の頭に確実に手をつく

 

どちらも大切です!

 

▽参照記事

http://alegrun.link/?eid=322

http://alegrun.link/?eid=323

 

 

 

しかし一方で・・・

 

ココばかり強調されるところが

 

実は落とし穴でもあるのです。∑(゚◇゚ノ)

 

 

 

 

勢いよく走ってきて

 

思いっきりジャンプして

 

手をついて

 

・・・

 

これだけでは跳び越せないのです。

 

 

 

 

そこで、

 

切り返しの技術(感覚)が求められるのです。

 

 

 

 

では、

 

「どうすれば良いか?」

 

 

 

例えば・・・

 

「うさぎ跳び」を経験します。

 

 

㊟私たちが子どもの頃、よくやらされていた“ウサギとび”とは異なります!

 

 

 

通称、

 

「手→足、手→足」

 

です!

 

 

 

しかし、

 

これもやるだけ(こなすだけ)ではいけません!!

 

 

 

少しでも肩が手首より前に出ているかどうか

 

を確認し、子どもたちに伝えていきます。

 

 

 

これが跳び越しにつながっていきます。

 

 

 

身を乗り出すような姿勢になること

 

です。

 

 

 

つまり・・・

 

手を突き放しながら上体を切り返す運動

 

を行うことです。

 

 

 

 

そしてそして

 

人間には左右差というものがあります。

 

例えば、下のうさぎ跳びの画像ですが・・・

 

 

右利きの子は、

 

タイミングとして

 

大半が右手から先につき、

 

左手が遅れがちです。

 

 

 

 

また、

 

右手と比べ

 

左手の力が充分に入っていないことも

 

見受けられます。

 

 

 

 

 

アレグランでは、

 

その辺りの

 

細部にも目を配ります。

 

 

 

 

その指導(*細部にこだわること)が、

 

上手い切り返しにつながり

 

跳び越しの成功へ

 

導きます。

 

 

 

 

なぜ跳べるのか?

 

 

なぜ跳べないのか?

 

 

 

勇気?

 

 

自信?

 

 

やる気?

 

 

・・・

 

 

(身体を動かすだけでなく)

それらは、何を為す時も

 

どれも大切な心の持ちようですが

 

 

・・・

 

 

一方で

 

気持ちだけで上手くいくわけでもありません。

 

 

 

 

「技術的に不足している部分を埋めていく」

 

その作業のお手伝いこそが

 

アレグランの得意なことでもあります!