皆さま、こんにちは。

 

 

気がつけば9月も10日が過ぎました。驚き

 

今学期は学校等の行事もたくさんありますが、

 

スポーツも勉強も両立しながら

 

がんばりたいですね!筋肉

 

 

 

さてさて、

 

先回のジグザグドリブル・・・

 

上手く伝わりましたでしょうか?サッカー

 

 

 

今回は、

 

再度ジグザグドリブルの

 

トレーニングの目的について書きたいと思います。ペン

 

 

 

コーン ジグザグドリブル・・・

 

 

この目的は、

 

ボールをどこに置くかを定める

 

とても重要なトレーニングなのです。ポイント

 

※【例】右利きの場合

 

 

良い場所にボールを置くことが

 

次の自身のプレーの幅(可能性)を広げてくれます。

 

 

[👇良い例]右利きでこの持ち方ができると、ドリブル突破もパスも即座に選択できます。

 

ボールの置き場所・・・

 

これにこだわって繰り返し練習することが大切です。ポイント

 

 

 

『“適当”ではダメ』

 

 

です。×

 

 

 

 

一流選手は、

 

ドリブルをしている際もボールの置き場所

 

 

「はっきりしていて」

 

尚且つ

 

「適切」

 

です。

 

 


 

 

だから相手が目の前に現れても

 

難なく対処ができます。

 

 

 

 

これを可能にするのは、

 

“ボールタッチ”で、

 

その基礎をつくるトレーニングのひとつが

 

ジグザグドリブル

 

なのです。指

 

 

 

ただ列に並んで

 

順番が来たらやる・・・

 

 

そんな活動は無意味である

 

と、アレグランでは考えています。

 

 

 

 

本来、

 

どのような練習にも意味がある

 

はずです。

 

 

 

年齢が低い頃から

 

意味を感じながらトレーニングするべきです。

 

 

 

ジグザグドリブルで前進する場合、

 

ボールは利き足(右利きは右足、左利きは左)のつま先の前

 

にこだわります。

 

 

 

 

そして、そのこだわって積み上げてきたことに

 

結果は出ています。おー

 

 

 

 

先日の週末練習会の1対1の場面で、

 

アレグランっ子は、

 

現在も社会人リーグで活躍中の熟練者のお父さん相手に

 

背後をつく(切り返す)ドリブルができていました!びっくり

 

 

 

上 ボールはきちんと利き足(左)のつま先の前 に置かれていますね!

 

 

こだわりを持って練習を行うと・・・

 

当然、汗をかきます・・・。汗

 

 

しかし、

 

汗と共に得られる“大きなもの”があります!?

 

 

 

それは、

 

『サッカーを楽しむために必要な力』

 

です。ポイント

 

 

 

正しい努力は、必ず良い結果につながります!!

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM