サッカー⚽

 

・・・

 

 

サッカー⚽⚽

 

・・・・・・

 

 

サッカーとは??

 

 

サッカーで思い浮かぶイメージは???

 

 

 

日本代表

 

 

Jリーグ

 

 

なでしこリーグ

 

 

・・・

 

 

それとも

 

 

・・・・・

 

 

ワールドカップ

 

 

❓❔❓

 

 

皆さんは、

 

何を想像されたでしょうか。

 

 

 

プロ

 

・・・

 

世界

 

・・・・・・

 

CUP優勝(世界一)。

 

 

 

夢を持つことは

 

素晴らしいこと

 

ですし、

 

みんながそれに到達すると

 

いいですよね。

 

 

 

ただ、

 

ここで考えてみましょう。

 

 

 

おっと

 

そうなりますと

 

・・・

 

なんか暗くなってきますね。

 

(;一_一)

 

 

 

何やらいつもの

 

確率とか

 

可能性の

 

話が出てきそうで。。。

 

 

https://alegruntokai.hatenablog.com/entry/2017/12/29/193038

 

 

 

「そんなこと

 

 どうでもいいじゃない」

 

「今(子ども時分)は、

 

 楽しくできていればいいんだって」

 

 

「楽しくやっていれば

 

 “自然”に続いていくし、

 

 その先に

 

 プロや代表の道だって

 

 あるんだって」

 

という方、

 

とても多いと思います。

 

 

・・・

 

 

でも反対に

 

それ、

 

つまり、

 

「なんでサッカーをやるのか」

 

ということを考えないようにしているだけ

 

の話ではないでしょうか?

 

 

 

タイミング、タイミング

 

 

子ども

 

 

大人(親)

 

 

きちんと考えることが

 

大切なのです。

 

 

 

 

話は戻ります。

 

 

いきなりですが、

 

今年の

 

東京大学(2020年度)合格者は、

 

3,083人

 

だったそうです。

👇

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/overview/e08_01.html

 

 

 

一方、

 

男子のプロサッカーリーグ(Jリーグ)の

 

新人研修会に参加した数

 

・・・

 

つまり

 

2020シーズンからプロの世界に飛び込んだ新人は、

 

(昨年参加できなかった2年目の選手も含め)

たった209人

👇

https://www.jleague.jp/news/article/16610/

 

 

 

では、

 

国同士の最高峰の大会

 

FIFA World Cup

 

に目を向けてみましょう。

 

 

W杯の登録選手の人数は1チーム

 

23人。

 

 

うち、

 

ベンチ入りできる選手は

 

18人。

 

 

そのうち試合に出ることができる人数は

 

先発は11人で、交代は3人、

 

つまり、1試合で試合に出る可能性のある選手は、

 

14人。

 

 

・・・

 

 

子どもはもちろん、

 

大人たちも口にする

 

「サッカー選手」

 

というものの難しさが

 

お判りになるかと思います。

 

 

 

で、

 

私は

 

この現実をきちんと頭に置いておくことが

 

まずは肝心なのではないかと思うのです。

 

 

 

そして、

 

次に

 

職業としての道(可能性)が困難で、

 

尚且つ、

 

時間やお金やエネルギーを割かれる

 

サッカーというスポーツを

 

「なぜ子どもにさせる(させている)のか」

 

「なぜ子どもはする(している)のか」

 

その意義をきちんと解っておくことが

 

(時間、お金、エネルギーをかける)

 

『強い動機になる』

 

と思うのです。

 

 

 

動機なんて

 

難しい!

 

どうでもいいやろ!!

 

o(*>д<)o″))

 

 

と、

 

言いたくなるところですが

 

・・・

 

 

いえいえ

 

「動機こそ最も大事なこと」

 

ではないでしょうか。

 

 

 

例えば

 

・・・

 

 ☞学校はなんであるの?

 

 ☞勉強はなんでするの?

 

 ☞仕事はなんでするの?

 

 ☞家族はなんで存在するの?

 

・・・・・・

 

実は実は

 

『全て

 

 意味や訳がある』

 

のです。

 

 

「そんなこと考えたくない」

 

し、

 

「考えると嫌になるじゃない」

 

という方

 

・・・

 

 

先に述べました

 

難関大学に合格した人

 

 

プロ選手になった人

 

・・・・・・

 

この方たちが、

 

目標に到達したのは

 

何の動機もなく、

 

 ただただ長時間、勉強をした結果でしょうか?」

 

意味を考えず、

 

 たくさん練習や試合をこなしていただけでしょうか?」

 

 

 

“意味を考える”ということは、

 

やはり、

 

とても大事なことなのです。

 

 

 

 

では、一度

 

サッカー選手という

 

プロスポーツアスリート(競技者)のことだけを

 

考えてみましょう。

 

 

 

 

良い選手の定義は❔

 

 

簡単に言えば、

 

次の3つ。

 

 

「はやい、うまい、でかい」

 

・・・

 

これ

 

 

のキャッチフレーズと

 

どこか似ていますね!

 

(あと安いが入れば完璧ですね。。。💧)

 

 

 

では、

 

Q1.あなたは速いですか?

 

 

Q2.あなたは上手いですか?

 

 

Q3.あなたは大きいですか?

 

 

・・・・・・・

 

 

親子揃って自信を持って、

 

「ハイッ(Yes)!」

 

と言える人は、、、


おそらくいない

 

と、思います。

 

(もちろん、私も言えません💦)

 

 

 

で、あれば、

 

・・・

 

サッカー選手なんて無理

 

なんでしょうか???

 

 

 

身体能力はないし

 

技術は難しいし

 

身体のサイズもないし

 

・・・

 

おまけにサッカー選手になれた人の

 

数字(確率)を見せられると

 

「嫌になるわ!」

 

と、思われたかも知れません。

 

 

 

でも、

 

こう考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

「サッカー選手にさせる」

 

とか

 

「競技者として云々」

 

というのではなく

 

サッカーが人間を高める目的として

 

 どんな効果をもたらすのか

 

ということを

 

一度、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

実は、

 

私はずっと以前、

 

つまり、

 

わが子が

 

「サッカーをやる」

 

と言って、

 

やらせる約束をしたその時から

 

この考え(理念)を持って、

 

サッカーを教えてきました。

 

 

 

φ(..〃)カキカキ

 

 

で、

 

今回はここまでにしたいと思います。

 

 

 

全く

 

日記にはなっていませんね。。。

 

(/≧ω\)

 

 

 

 

それ(日記調の内容)は、

 

また次回にします。。。

 

_ _ ,)/~~~

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM