皆さまこんにちは。

今週はお天気にも恵まれて、屋外での活動も順調に行えました。 (*^^)v
(今日も少し雲はありますが、天気は上々!)

さてさて、アレグランのサッカーですが、
“基本”を最も大切にしています。

ボールをいかに自分のものにして
そのボールを自由に動かし
(相手に奪われることなく)
ゴールに入れることができるか


そのためには、ボールを上手く扱えるか否かが
カギとなります。

そのトレーニングが、ボールリフティングです。

ただ、やってみた方は、お分かりになるとかと思いますが、
かなり難しいです・・・。 (+_+)

こんなのイヤだ!
と逃げ出したくなるかと思います。

しかし・・・
何事も逃げ出さずに挑戦し続けた人が
成果を収めます


その「達成感」、そして「プロセス(過程)」を子どもたちには
分かって欲しいなと思っています。

そこで、理由の説明ばかりではなく、
子どもたちなりに自身で理解しなくてはなりません。

意味が今一つ分からない
楽しくない

それでは一向に進んでいきません。

そこで、秘密道具を出しました・・・。

パラバルーン
え? (?_?) これなに??
ただ遊んでいるだけで、リフティングにつながらないじゃない???

これは、通称“パラバルーン”という道具でして・・・
大勢の人間が力を合わせて、回したり、膨らましたりして、
楽しむものです。(…運動会の演技にも使われたりもします)

で、なぜこれがリフティングと関係が?

バルーンの中央にご注目ください。 (゜o゜)

ちゃんとボールが弾んでいるではないですか?!

この日のウォーミングアップで、ひとつの方法を行いました。

リフティングができないポイントのひとつの原因、それは
ボールが足に当たった時の状態が
思わしくないことです。

(⇒足首が不安定であること)

バルーンはそもそも風呂敷のようなものですから、硬くはありません。

ですから、“意図的”に
ボールが落下してきた“タイミング”で
適度な力を入れておかなければ弾みません。

リフティングも同じです。

足首が、くにゃくにゃな状態で
ボールにコンタクトしたところで
ボールコントロールは為されません。


そして、バルーンが斜めになっていたら・・・
ボールは低い側に落ちていきます。

リフティングの際も同様です。
ボールに触れる足首の角度は
とても重要になってきます。


バルーンの操作は、大勢で行うため、なかなか息が合わず
最初は苦労しましたが、何度かチャレンジしていくうちに、
ボールは写真のように正確に真上に上がるようになりました。

上手くできるようになった時には、子どもたちも大歓声!

そして、額には皆気持ちの良い汗がにじんでいました。

ウォームアップとしては、大成功!! (^◇^)

そして、自分のボールに向き合った時に、
何に気をつければ良いのか・・・ということが
少し理解できるようになったと思います! (^_-)-☆

リフティング










 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM