皆さまこんばんは。

前回ですが、
ボール蹴り
ならぬ
段ボール蹴り
について、ご報告いたしました。 (#^.^#)
矢印
http://alegrun.link/?eid=22

今週は、段ボール蹴りを各曜日のスクールで試しました☆☆☆


その中で

すごい発見を

しました!! \(◎o◎)/

比較的蹴り慣れている小学生にも、
『基本』を確認してもらうためにも
段ボールを蹴ってもらいました。

そして、“園児さん”にも。

園児さんキック
???
この姿・・・

蹴った後の姿勢・・・・・・

どこかで観ましたよ! \(◎o◎)/


これは 正に

中村選手代表

日本代表でも活躍し・・・

中村選手セルティック

スコットランドのセルティックでも活躍し・・・

中村選手横浜

現在、横浜F・マリノスのエース・・・


“中村俊輔選手”の蹴り姿とそっくりではないですか!! (@_@


アレグランでは、一年、一年、
基本を丁寧に積み上げていっています。


その中で、年齢の小さい子どもたちにも解ってもらえるように
きめ細かい指導を心がけています。

しかし一方、
「手取り、足取りでは、伸びるものも伸びない」
との想いから
あえて、
子どもたち自身で考え、
“自然”に取り組ませる部分も大切にしています。


その想いの中でのこのたびの発見!

うれしかったです!!

まだサッカーを始めたばかりの園児さんですが、
片足で立つこと
身体のひねりを利用すること

などの
キックの動作を行う上においての
「大切な力」を持っているのですね。

感心させられました。 (ToT)

“教え過ぎ”は、かえってマイナスになることも実はあります。


これからも

アレグランでは、

「指導者が教えるところ」



「プレーヤーが考える(工夫する)」

の両方の“バランス”を大切に活動していきます!! (^_-)-☆