こんばんは。
今日も雨でしたね。☔
しかし、この雨も予報では、明日のお昼ごろまでとのこと。
明日の夕方のサッカーは・・・
たぶん・・・
できそうですね!
(^o^)丿


今日火曜日は、元々室内の活動の日でしたので・・・雨を気にすることなく、活動ができました!! (^_-)-☆

本来は、本日の報告を書くところですが・・・
まだ4月の報告が残っていましたので、今日の内容は、近日中にご報告させていただきます。 <(_ _)>

4月の下旬に体育館で、サッカーの活動を行いました。

室内でサッカー・・・?

蹴ったボールで、壁や器物を壊してしまうのでは?

その通りです。

強烈なシュートが施設に当たれば、大変なことになります。 (>_<)

実際に、公にフットサルなどの室内サッカーを認められている施設は限られています。
東海市内の市民館も同様です。

では、そのルールの中で、“サッカーのためのトレーニング”て、一体どんなことができるの?
と不思議に感じられるかと思います。

例えば、次の画像です・・・
体育館でのボール運動
あれ? (゜o゜) ボールを手で投げていますよ?!

これで、サッカーのトレーニングになるの?? (@_@)

これが・・・なるんです!
と、いうより効果的なんです!! (*^^)v


では、画像を確認してみましょう。

オレンジ2人ブルー2人の状況です。
画像では、オレンジのプレーヤーが、味方オレンジのにパスをする瞬間です。
番のプレーヤーは、相手のマークを受けていない状況(フリー)ですので、このパスは○といえますね。
ただ、パスを出そうとする味方()が、厳しい相手のマークを受けていたり、目前の相手の背後に位置していたとしたら・・・
ボールを奪われたり、当ててしまったりする可能性が高いですね。(…ただ絶対とはいえませんが、ボールを失くす率は高まります)

確か、以前にも・・・
とりかご
この質問を出させていただきました。↓
Q1.「ボールを持っている子」が“気にしなければいけないポイント”は、なんでしょうか?
Q2.「ボールを持っていない子」が“気にしなければいけないポイント”は、なんでしょうか?


この質問・・・分かりましたか?

1.まず、ボールを持っているプレーヤーも、持っていないプレーヤーも、『「相手」を見る(感じる)こと』は大切ですね。
2.次に、「相手は自分とどれくらいの“距離”にいるか」を理解することが大切ですね。
3.その「相手は、自分の正面にいるのか、横(右、または左)にいるのか」も分かっておく必要がありますね。


そこから(瞬時に)考えて、最適なことを選び出し、あとは行動あるのみです!
そこでの失敗は、ポジティブに考えましょう。

何事も、いきなり成功などはあり得ません。
何度もチャレンジする中で、
学ぶものがあります。


よい選択、判断ができるようになれば、きっとサッカーの試合で活躍する率が高まることでしょう。


そうなんです!!

サッカーのトレーニングは、足だけではなく、
頭(*感じる…⇒選択、判断)が、
とても大切になってきます。


この日に体育館で行いました、“ハンドパスゲーム”は、大いに盛り上がりました!

知らない間に、「身体をたくさん動かし」、「頭(頭脳)も使い」、“有意義な時間”を過ごすことができました!! \(^o^)/
 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM