皆さま、こんばんは。

 

 

全国から初雪、初氷の便りも聞こえています。

 

この地方もどんどん冬に景色が近づいていますね。寒い

 

 

風邪対策には・・・

 

「手洗い・うがい」

 

が実はシンプルですが、

 

効果的な予防方法でもあります。水

 

 

体調管理に気をつけましょうね。おー

 

 

 

 

さてさて、アレグランデイキャンプの記事、3本目になります。

 

 

「集合」、「食事」と続いて・・・

 

今回は"遊び"になります。

 

 

 

『遊び』といえば・・・

 

外国の有名な詩があります。

 

 

 

〜人間は遊ぶときに最も人間的である〜

 

 

詩の作者は、フリードリヒ・フォン・シラー・・・

 

18世紀(今から200年ほど昔)、ドイツの詩人で歴史学者、

また劇作家で思想家。

さらに、ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表的哲学者としても有名です。

 

 

この詩には、

 

 人間は、遊びの中で自分の持つ全ての能力を発揮し、

 自己のすべてを表現することができ、

 遊びには、

 『人間にとって最も大事な自由がある』

 

という意味が込められています。

 

深い詩ですね。。。

 

 

ただ、

 

ここから分かるものがありますね。

 

 

真に遊べる子が

 

自由をつかみ

 

人生を楽しむことができる

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

ではでは、

 

報告に移ります。

 

デイキャンプの午後です。

 

 

食事と片づけを済ませた子どもたちは、

 

一路大池公園へ!

 

 

・・・と、いきたいところですが

 

その前に、少しだけ大窪公園(の炉の隣)の広場で遊びました☆彡

 

 

ハンカチ落としならぬ、

 

"ボール落とし"を楽しみました!!

 

 

ハンカチ落とし(ボール落とし)は

 

誰でもやれる単純なゲームですが、

 

しゃがんだり、立ったり、走ったり・・・

 

子どもたちの運動面に働きがけることができます。

 

 

何より、

 

"みんなで"ワイワイできるところが、

 

楽しいところです!

 

 

 

 

そしていよいよ・・・

 

場所を大池公園に移します!歩く

 

 

 

 

東海市の中央に位置する大池公園。

 

 

広大な面積に、芝生広場から

 

真新しい総合遊具から、昔懐かしの遊具まで充実しています。

 

 

 

(意外?!)子どもたちが夢中になったのは・・・

 

これです☟

 

 

昔ながらの遊具です。おー

 

 

登ったり、中に入ったりするだけではなく・・・

 

外からぐるぐる回して

ぐるぐる

遊びます。

 

グルグル 目は回らないのでしょうか??)

 

 

止まれば回すを繰り返す中で

 

止まった時点で

 

中と外の子どもが変わります。

 

 

それを

 

"自由に"

 

そして

 

"声をかけ合い"

 

ながら楽しんでいました。

 

 

 

"楽しむ"ということは、

 

このようなことなのかな・・・

 

と、ふと感じました。

 

 

 

 

そして、もちろん・・・

 

サッカーボールも触りましたよ!

 

 

しかし、良いお天気でした。

 

こんな日は、やはりボールを触りたくなります。。。

 

 

試合(ゲーム)だけが、サッカーではありません。

[*画像は、サッカーバレーです]

 

 

どこにいてもボール一つあれば・・・楽しめます!

 

 

 

好天の下、公園で遊んだ後・・・

 

お楽しみのおやつがあったのですが・・・

(*これは次回に報告します☆)

 

 

おやつの後も

 

やはり・・・

 

サッカー!

 

 

年齢も関係なく

 

経験も関係なく

 

楽しめるのが、サッカーの魅力です!ピース

 

 

 

ゴールも必要ありません。

下

シュートのないルールにすれば可能です!ok

 

 

ビブス(ゲームシャツ)も必要ありません。

下

周りを見て、声を掛け合う、だけで相手と味方は判別可能です!ok

 

 

 

 

このたびのデイキャンプには、

 

サッカーの経験のない子(*兄弟、兄妹)も参加していました。

 

年中さんから6年生まで幅広い年齢が集いました。

 

 

 

ですが、

 

皆、遊ぶことを楽しんでいました。

 

 

 

 

指導者は、子どもたちの近くにいましたが、

 

声がけや注意は最小限にとどめました。

 

 

それは、

 

子どもたちが自然に時間を使えるようにするねらいがあったからです。

 

 

 

「大人のいいなり」になっていては、楽しむことなどできません。

 

 

 

「自ら考える」

 

「自ら動く」

 

「自ら声を出す」

 

・・・

 

これが、楽しむためのポイントです。

 

 

 

しかしこのポイント・・・

 

 

実は、

 

サッカーの場面、良い試合をするポイント

 

と同じではないでしょうか? なるほど

 

 

 

 

楽しむためにはどうすれば良いのか? ポイント

 

 

 

子どもたちは、

 

このたびのデイキャンプでの遊びを通して

 

少し理解ができたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM