アレグラン日記

アレグラン東海の日々の活動をご報告します!
「課題」に取り組む姿勢 -対応力(ボールと自分)-
0

    皆さま、こんばんは。

     

    今日は、素晴らしい青空の一日でしたね。青空

     

    お天気の日は、

    積極的に屋外で身体を動かしましょうね!グー

     

     

     

    さてさて、

     

    前回

     

    子どもたちのスポーツ活動・・・

     

     

    その目的

     

    について考えました。

     

     

    柔軟性

     

    と合わせて

     

    子どもたちの様子

     

    もう一つ気になること・・・

     

     

    それは、

     

    状況に合わせて身体を動かすことが

     

    苦手な子どもが増えていることです。

     

     

     

    そこで先週の体育教室では、

     

    子どもたちに次のような働きがけを行いました!

     

     

     

    コーン “ジグザグ”ラン 走る

     

    ・・・

     

    子どもの足回り(足の運び)を良くするトレーニングの代表でもあります。

     

     

    しかし、

     

    これでは残念ながら

     

    このたびのテーマ

     

    『対応力』 には

     

    あまりつながりません。。。えっ

     

     

    なぜなら・・・

     

    複雑な足の動きはしますが、

     

    いつも同じ動作の繰り返しだからです。

     

    「慣れてしまう」

     

    「(変化のない)単純な繰り返し」 の

     

    内容だからです。残念

     

     

     

    ですから・・・

     

    「ジグザグができるようになってきたら」

     

    より複雑に

     

    さらに変化をつけて

     

    行います。

     

     

    スタート位置について

     

    ジグザグコーンの前で

     

    ボール

    指導者とパス交換をした後に

     

    走る

    コーンをジグザグに走り抜けます!

     

     

    さらに

     

    慣れてきたら・・・

     

     

    最初のコーンの両サイドのミニコーンを使います。

     

    ジグザグ走の前の“ワンツーパス”は、同じです。

     

     

    ワンツーパスが終わったら、

     

    左右のコーンを

     

    前向きの身体の向きで

     

    回った後、

     

    ジグザグをスタートさせます!スタート

    👇

     

    子どもたちにとっては、

     

    より高度なステップワーク(足の運び)が

     

    必要となります!ok

     

     

    1 指導者が投げるボールに身体(足/ステップ)を合わせる。

     

    2 ボールを受けたら、速やかにボールを指導者に返す(パス)。

     

    3 ボールを離したら即、足を踏み出し、コーンに行く。

     

    4 コーンを速く正確に回る。

     

    5 コーンエクササイズは、出来る限り“速く”行い、

      最後のコーンに最速で到達できるようにする。

     

     

    ちなみに、

     

    今回の活動で使用したボールは、

     

    “ビーチボール”

     

    です。ポイント

     

     

    “理由”は、

     

    最速を目指すにあたり、

     

    ボールが硬い、重い 怖い

     

     

    ボールへの恐怖感から

     

    キャッチボール(ワンツーパス)の部分が

     

    充分に行えず、

     

    「ねらい」とするものが引き出せないからです!かお

     

     

     

    使用する道具のこだわりも、

     

    目指す結果に直接につながってきます。

     

     

     

    ただ単に

     

    「身体の成長に良さそうだ」 だけでは、

     

    実は意味が薄いものを行っているかも知れません。ガーン

     

     

     

    大切なことは、

     

    『“なぜ”行うか』

     

    『“何を目的”に行うか』

     

    です。

     

     

     

    アレグランは、

     

    焦点を明確にした活動を推し進めます!!

     

     

     

     

     

     

     

    | アレグランとうかい | 体育 | 23:53 | - | - |

    一番上へ