皆さま、おはようございます。

 

 

先回の続きを書きます。

 

 

 

 

ところで

 

「戦術理解」

 

・・・

 

と表しますと

 

・・・・・・

 

何か

 

とてもとても

 

難しく感じてしまいますね。。。

 

 

 

 

 

でも

 

シンプルに考えると

 

見えてきます。

 

 

 

 

 

「戦術を理解する」

 

ということは

 

「ゲームに勝つ頭づくりをすること」

 

です。

 

 

 

 

そして具体的に、

 

ゲームに勝つためには

 

・・・

 

ゴールが求められます。

 

 

 

 

ゴールにボールを打つこと

 

・・・

 

それが

 

“フィニッシュ”

 

です!!

 

 

 

 

 

例えば

 

ランナーの皆さんは

 

常にゴールを目指して走っていますね。

 

 

 

 

サッカーは・・・

 

 

 

 

ゴールにボールを入れることを

 

目標にしてプレーしていますね。

 

 

 

 

 

ゴールは・・・

 

つまりそれは

 

“目標”

 

なのです。

 

 

 

 

『いかにフィニッシュに持ち込むか』

 

・・・

 

ココが

 

サッカーでは

 

重要なポイントになるわけです。

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

前回の続きです。

 

👇

 

 

前方の味方にパスを送りました。

 

 

 

 

 

大切なことは

 

その次です。

 

 

 

 

 

この送られてきたボールを

 

どうするか?(いかにさばくか)

 

です。

 

 

 ⇩

 

このシーンでは見事、

 

フィニッシュにいたりました!!

 

 

 

 

で・・・

 

なぜ、

 

フィニッシュ(シュート)ができたのか?

 

 

 

 

それは

 

ココが上手くいったからです。

 

 

 

ココとは

 

 

 

 

それは

 

一つ目のボールタッチです。

 

 

『どこにボールを止める(置く)のか』

 

 

このシーンではパスを受けた子は

 

左利き。

 

 

 

 

ですので、

 

画像のように

 

得意な左足でシュートが打ちやすいように

 

ボールをコントロールしています。

 

 

 

 

つまり、

 

意図したボールコントロール(トラップ)ができている

 

ことが解ります。

 

 

 

 

だから

 

“スムーズに”シュートを打つことができています!

 

 

 

これが仮に・・・

 

トラップ(※ボールを止める)が

 

上手くいっていないと・・・

 

きっとシュートにまで至らなかったことでしょう。

 

 

 

 

 

シュートをしなくては

 

ゴールはありません。

 

 

 

 

ゴールなしに、

 

勝つことはできません。

 

 

 

 

だから、

 

「入る、入らない」

 

は重要なのですが、

 

まずはフィニッシュに持ち込む姿勢を

 

子どもの時分から持たせることが大切です。

 

 

 

 

 

今回のシーン

 

パスからシュートまで

 

非常に良い流れでした!

 

 

 

 

繰り返しますが、

 

サッカーは

 

シュートを打つことが大切です。

 

 

 

 

一方、

 

「打つ気持ち」だけあっても

 

いけないのです。

 

 

 

 

 

『シュートを打てるようにするボールコントロール』

 

が求められます。

 

 

 

 

 

 

アレグランでは

 

その細部にも

 

しっかりと意識して、

 

日頃のトレーニングを行っています!