サッカーは

 

ボールを保持することが

 

重要なポイントで“も”

 

あります。

 

(あえて、“も”にしました)

 

 

なぜなら、

 

「保持する」

 

と書きましたが、

 

本来はそう易々と

 

ボールの保持はできないはず

 

・・・

 

なのです。

 

 

 

それは、

 

前回書きましたように

 

“激しいボールの奪い合い”

 

の側面があるスポーツだからです。

 

 

トッププロ(サッカーの本質に近づけば近づくほど)

 

上の画像のように

 

激しい身体接触が出てきます。

 

 

 

 

そこで大切になるのが

 

/搬里修里發里龍さ

 

⊃搬里了箸な

 

・・・

 

それを前回、説明しました。

 

 

 

 

で、

 

それを踏まえた上で

 

次に説明しますのが、

 

技術(Technic)の部分です。

 

 

 

まず、

 

サッカーの技術、テクニックですが、

 

それを

 

短く、完璧に説明することは・・・

 

私には不可能です。

 

Σ(゚д゚lll)

 

 

 

それは、

 

サッカーに真剣に向き合ったことがある方なら

 

必ず解る部分です。

 

 

 

その部分とは・・・

 

つまり、

 

サッカーの技術面の奥深さ

 

です。

 

 

 

技術は、

 

リフティングの回数や

 

フェイント数でもありません。

 

 

 

これら所謂、

 

単純に“足技”と呼ばれるもの・・・

 

なんでしょうか??

 

 

 

 

ところで、

 

巷でよく耳します

 

「足技って何❓」

 

と、いつも考えてしまいます。。。

 

 

 

サッカーに必要な“技術”とは?

 

・・・

 

それは

 

空気が入った、

 

けれども風船でもない、

 

少し重く弾むボールを

 

手よりも不自由な足で

 

自分の意思を伝えることができるか

 

なのです。

 

 

 

 

一方、簡単に

 

ボールを持ち替えたり、

 

容易に蹴ることができないところに置いてしまったり、

 

していると、、、

 

 

チャレンジしてくる側(ディフェンダー)が

 

サッカーの本質を体得している相手ですと

 

・・・

 

痛い目に遭います。。。

 

 

 

 

 

よく目にします足技とは、

 

相手がいない中で、

 

ボールをただ都合よく動かしているだけ

 

にしか過ぎず、

 

ボールは真に自分のものにはなっていない

 

のです。

 

 

 

 

解りやすい例えを用れば

 

・・・

 

(ボールを落とさないこと)

 

“リフティングの回数、ただそれだけに固執する”

 

ことです。

 

 

 

 

あ、

 

これも誤解があるといけませんので、

 

回数は大事です。

 

 

 

アレグランっ子は、

 

“利き足のみ(変えっこなし)1,000回リフティング”は、

 

「まずクリアしないといけない第一関門」

 

なのです。

 

 

 

で、

 

よく見かけますリフティング

 

・・・

 


ロボット?

 

 

パレード?

 

で、

 

さらには

 

あちらこちらにボールを散らしながら

 

「左右の足でバタバタと

 

 落とさない(回数だけを重ねる)リフティング・・・」

 

 それは、テクニックとは言えない」

 

と、個人的にはそう思っています。(確信しています)

 

 

 

 

 

 

 

では、

 

そんなこんなを踏まえた上で、

 

先のトレーニングメニューから

 

Technic(テクニック)を考えたいと思います。

 

 

 

このシーン

👇

 

拡大🔍

 

うーん

(-ω-;)

 

 

近すぎますね。

 

 

 

何が❓

 

 

 

では、

 

矢印を引いて観てみましょう。

 

👆

近いのは、矢印(⇦⇨) の幅。

 

 

 

 

ちなみに、

 

このトレーニング、

 

カラーコーンはボールでしたね。

 

 

 

 

 

 

では、

 

別の画像に切り替えます。

 

 

 

トッププロは

 

このように

 

相手を背負った場面で

 

どのようにしているでしょうか?

 

 

 

どこにボールを置いているか

 

注目してください!

 

👇

 

ボールを(相手から)遠ざけていますね!

 

 

つまり・・・

 

ボールを背負うというよりも

 

“半身”

 

になっています。

 

 

㊟局面の違いがありますので、あくまで参考例としてご覧ください。

 

 

で、

 

ここに差が!!

 

👇

 

ボールが遠いために

 

足を目一杯伸ばしても・・・

 

相手(守備者)は、

 

これでは届きません。。。

 

 

 

 

反対に、

 

アレグランっ子の場合は

 

簡単に届いてしまいます。

👇

 

(+o+)

 

 

 

 

では、

 

現Jリーガーの

 

あの世界的な名手のボール保持の場面も

 

観てみましょう。

👇

 

イニエスタ選手は、

 

半身になってボールを遠ざけている

 

ことが解ります!!

 

 

 

具体的には

 

半身(斜め)になり

 

❷軸足を相手との間にかまして(ブロックさせて)

 

❸相手が触れない位置にボールを置いて

 

います。

 

 

 

 

これは正に

 

“形”

 

ですね

 

 

 

 

ココを子どもたちに正しく伝え、

 

形を身体に刷り込ませていくこと

 

・・・

 

大切です。

 

 

 

 

ただただ適当に

 

対人を繰り返しているだけでもダメ。

 

🙅

 

 

「世界のサッカーを観よう」

 

と、子どもに言っているだけでもダメ。

 

🙅

 

 

 

 

傍にいる大人(指導者)が、

 

正しく関わらないと上手くはいきません!

 

 

 

 

 

しかし、

 

まだ反対意見があることでしょう。

 

 

 

「ボールはココ」

 

「軸足はココ」

 

・・・

 

何か窮屈に感じますね。

 

(´ε`;)

 

 

 

 

でも、

 

そこが肝心なところ。

 

 

 

 

ここでまたリフティングが再度登場します。

 

 

 

ボールはココ。

 

 

触る足はココ。

 

 

軸足はココ。

 

 

 

 

リフティングは

 

ボールコントロールの基礎基本をつくる

 

とても重要な“トレーニング”

 

なのです。

 

 

 

 

 

ですから、

 

ジャグリングではないのです。

 

 

 

 

 

サッカーの基礎技術をつくる

 

トレーニングなのです!!

 

 

 

 

そして、

 

リフティングで習得した感覚が、

 

ボールキープの場面で発揮されるのです。

 

 

 

 

で、

 

「1,000回リフティングができたあの子、

 

 ボールキープが不安定だったじゃない?」

 

と言ったご意見・・・

👇

 

そう、

 

利き足インステップ連続1,000回リフティング

 

ができてもボールキープの時にはできないことがあるのです。

 

(´・ω`・)エッ?

 

 

 

 

それは、

 

リフティングがリフティングだけになっている

 

つまり、

 

『まだ“正しいボールコントロールの形”は身についていない』証拠

 

なのです。

 

 

 

 

 

だから、

 

またリフティング(基礎基本)に戻る

 

のです。

 

 

 

 

自動化できるまでは、

 

やはり時間を要します。

 

 

 

 

でも、

 

この面倒な部分を

 

避けて通ろうとします。

 

 

 

「だって面白くないし〜」

 

(。-`ω-)

 

 

 

 

でもでも

 

そこでやめる子になっては

 

・・・・・・

 

勉強の場面で

 

大事な習得(例えば、英単語や熟語の暗記など)が

 

疎かになるものです。

 

 

 

 

やるのは本人。

 

 

 

 

その本人の心が、

 

▲諦めが早い

 

▲根気が続かない

 

▲手を変え品を変え、課題を変えてくれなければやる気が出ない

 

…etc.

 

では、先がないのです!

 

 

 

 

「日頃何かとグズグズ言ってしまう」

 

そんな子も

 

正しくサッカーに向き合うことで、

 

各教科の成績も上がってくると

 

私、アレグランには確信があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM