前回の補足をしたいと思います。

 

 

 

 

前回はコチラ👇

http://alegrun.link/?eid=362

 

 

ボールを扱うに最適なのは

 

・・・

 

 

やはり“手”です。

 

 

 

 

ボールを扱う以外でも

 

手は、日常生活を円滑にする

 

重要な“ツール(道具)”です!

 

 

 

🦍

ゴリラも同じ。。。

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

子どもの小さな手でも

 

ボールを掴むことができます! 👌

👇

 

☝通常のサイズよりも小さいサイズで撮影しましたが、しっかり“掴めます”!

 

 

 

ですが、

 

「これ(手でボールを扱うこと)ができない」

(㊟GKを除く)

 

のが

 

サッカー。。。

 

 

 

 

 

だから

 

当然、

 

そのコントロールは

 

足が中心になります。

👇

 

 

 

 

ですが・・・

 

残念ながら

 

足ではボールを掴むことができません。。。

 

(´・ω・` )

 

 

 

 

 

ですので、

 

ボールを止めるには

 

・・・

 

足にボールを当てて

 

ボールの勢いを弱める(吸収する)ことが

 

求められます。

👇

 

 

 

繰り返します、

 

「ボールに足を当て」

 

「ボールの勢いを吸収」する

 

のです。

 

 

 

 

 

 

それを成すには

 

・・・

 

どうすればよいのでしょうか❓

 

 

 

 

 

これには、

 

反復しかありません。

 

 

 

☝3年前6月のクラブの写真です。(長女4年生)

 

 

 

意識しながら

 

繰り返し、繰り返し

 

練習するしかありません。

 

 

 

 

☝2年前6月のコソ練の写真です。(長女5年生)

 

 

 

 

もちろん

 

クラブの練習だけでなく、

 

コソ練も必須です。

 

☝1年前6月のコソ練の写真です。(長女6年生)

 

 

 

 

 

 

この積み重ねで

 

やっと結果が見え始めるのです。

👇

(🎦長女6年生の冬)

 

 

 

 

足は手のようにはなりません。

 

 

 

 

 

でも一方、

 

努力次第で

 

足のコントロールが

 

限りなく手(でのコントロール)に近づける

 

のです!

 

 

 

 

 

カギは

 

“努力”

 

・・・

 

そう、

 

努力次第なのです!!

 

 

 

 

 

そして、

 

この努力を通して培った力

 

今現在の・・・勉強の場面

 

将来の・・・仕事の場面

 

必ず役に立つのです!!!

 

 

 

 

 

サッカーを

 

サッカーだけと考えず、

 

アレグランは

 

子どもたちの人間形成に

 

真面目に取り組んできました。

 

 

 

 

 

子どもたちに

 

サッカーで生きる力をつけさせる

 

・・・

 

この信念の下、

 

諦めずに直向きに

 

アレグランは

 

今日まで歩んできました。