先回、

 

母の日をネタに

 

書いてみました✍

👇

 

【2020.5.11投稿】訳を考えることができる人になる

 

 

 

 

で、

 

今回も(わけあって)

 

その続きを書きたいと思います。。。

 

 

 

 

今年のわが家の母の日のプレゼントでした。。。

 

 

これ・・・

 

“野菜ゼリー”

 

です。

 

🥕🍎🍑

 

 

 

まず

 

レシピにしたがって

 

計量。。。

 

 

おやっ?

 

 

おやっ?おやおやっ??

 

 

計量器が動かない!・・・💦

 

 

 

娘「どうしよう。。。」

 

 

私「電池が切れたんじゃないの」

 

 

🔋 電池を交換して、事なきを得ました。。。(笑)

 

 

 

ちなみに、私が口を出したのはここだけ。☚㌽

 

 

 

あとは、子どもたちが続けました。

 

 

 

 

作り方はコレ★

👇

ドラッグストアのフリーペーパーです。

 

 

買い物に行った時にチェックしていたのですね。😲

 

 

子どもなりによく考えましたね。😉

 

 

でも次から

 

長女は

 

調理をする際は

 

髪の毛をきんちと結んだりするべき

 

ですよね。。。😨

 

 

 

 

 

ブログ本文に戻ります。

 

ちなみにこの作業の間ですが、

 

母親は・・・

 

美容室に出かけていました ✂✂✂

 

 

(母親が)帰ってきた時は

 

何事もなかったかのように振る舞い・・・(-_-)

 

 

ゼリーは冷蔵庫の中・・・🆒zzZℤ

 

 

このゼリーは

 

夜に食べました。🥄

 

(☝結構、美味しかったです!😋)

 

 

 

 

で、

 

皆さまに何をお伝えしたいのか???

 

 

 

それは、

 

『自分でやらければ意味がない(上手くならない)❕』

 

ということ。

 

 

 

最初は想いがあったとしても

 

『それを最後まで続けなくてはいけない』。

 

 

 

 

困難

 

挫折

 

諦め

 

・・・

 

「まあいいかぁ」

 

になって

 

適当に終わらせる

 

 

この繰り返しを

 

例えば

 

サッカーで日々繰り返していたとして・・・

 

それで上手くなるでしょうか❓

 

 

 

答えは明らかですね。

 

 

 

 

上手くはなりません。

 

 

 

自分で決める

 

◎それを途中で投げ出さない

 

 

 

なぜ?

 

何の目的で?

 

 

取り組むのか??

 

 

 

意義や意味を意識をしながら

 

を繰り返すことで

 

徐々に、

 

上達が見えてくるようになるのです。

 

 

👆➊上手くいった時

 

👆❷上手くいかなかった時

 

 

ボールを受ける人間の

 

姿勢の違い・・・

 

お気づきになりましたか❓❔

 

 

 

 

同じ(技術や体力を有する)子に

 

同じようにボールが来ても、

 

その本人に

 

疲れや集中力、意識が欠如していると

 

自ずと姿勢は崩れます。

 

 

 

つまり、

 

自分の気持ち(心)次第で、

 

自身の体は、

 

➊のようになることも

 

❷のようになることも

 

充分あり得るのです! (´・ω`・)エッ?

 

 

 

 

だから、

 

下のようなプロセスが求められるのです。

 

 

 

1⃣自分で決める

 

2⃣最後まできちんとやる(やりきる)

  ▽

  ▽

  ▼

3⃣成功!! 🎉

 

 

 

 

親も子も、

 

人間は誰だって、

 

上手くいくこと

 

上手になること

 

を望みます。

 

 

 

 

だから

 

成功体験・・・

 

その積み重ねが

 

大切なのです。

 

 

 

 

小さな成功であっても

 

それは自信の源になっていきます。

 

 

 

 

ちなみに今回は、

 

子どもたちにはお母さんへの“感謝の気持ち”があり、

 

“それ”を形にして伝えたいから

 

お菓子づくりを始めました。

 

 

 

ただ、

 

始めたのですから、

 

“逃げてはいけない”のです。

 

困難なことがあっても、

 

その最初の想いを

 

最後まで実行できた人が

 

成功を掴んでいきます。

 

 

 

 

今年の母の日の計画と実行を通して、

 

わが子は少し成長したことかと思います。

 

 

 

 

アレグランでは

 

その“成功のプロセス(過程)”を

 

子どもたちに熱心に説いてきました。