皆さま、こんばんは。🌙

 

 

さてさて、

 

前回は昨年の5月2日の

 

釣り堀での話でしたね。🎣

 

 

我慢の足りない次女・・・

 

 

でも

 

神様のいたずらか・・・

 

我慢強さが(そこそこ)ある長女の竿には

 

魚はなかなか来てくれず、

 

我慢強さに難がある子のところ(竿)に

 

魚はかかったりするものなのです。。。( 一一)

 

 

 

<゜)))彡

 

>゜))))彡

 

 

・・・

 

来ました❕

 

 

🐡 get!!

 

 

👏

 

・・・

 

その横の長女は

 

・・・・・・

 

 

少し寂しそうでした。。。

 

 

結局、

 

 

終わりの時間が来て、

 

竿等、借りた道具一式を返すことに。。。

 

 

 

結局、長女は一匹も釣れずに終わりました。

 

😞

 

でも

 

釣り堀を出る時には

 

 

満面の笑顔で

 

(^_^)v

 

釣れてもいない

 

(隣の子は思い通りになって、自分は思い通りになっていない)

 

のに、

 

『なんでピース?』

 

❓❓

 

と、大人は思ってしまうのですが・・・

 

ここは

 

子どもと大人の感じ方の違い

 

なのです。

 

 

私は

 

長女(☚アレグランっ子)が

 

真っ直ぐに育ってくれていることを

 

うれしく思っています。

 

 

 

それでは、

 

説明します。

 

 

大人であれば

 

さらにプロサッカー選手で

 

日本を代表する選手であれば・・・

 

時として大きく打ちのめされることもあります。

 

 

👆例えば、この“ドーハの悲劇”も

 

サッカーをやっている人

 

サッカーをやったことのない人

 

また

 

日本代表を心から愛している人

 

日本代表は、もとよりサッカー自体に興味のない人

 

とでは

 

『感じ方が大きく異なります』

(大人の場合)他人の試合を観ても自然に涙が出ることだってあります。。。

 

 

 

 

では、

 

子どものサッカーの試合に目を向けてみましょう。

👇この大会でこのチーム(知多女子)は賞を獲ることはできませんでした

 

試合に勝っても負けても

 

「楽しかった❣」

 

という表情をしていますよね!?

 

 

それは

 

「サッカーに対する執着心が薄いから?」

 

それもあるかも知れませんが・・・

 

「ただ単に子どもだから??」

 

子どもだって、もちろん悔しいでしょう・・・。

 

 

???

 

 

じゃあ、なに❔

 

 

 

大人と子ども

 

・・・

 

決定的に違う部分、

 

それは・・・

 

『その場、その場を

 

 素直に感じることができるところ

 

ではないかと思うのです。

 

 

残念ながらと言いますか

 

当たり前と言いますか

 

大人には、

 

価値観(固定観念)というものがあります

 

 

だから、

 

(やる前から)

 

「やってもしょうがない」

 

と思ってしまったり

 

「こんなのだったら、最初からやらなきゃよかった」

 

といった言葉がついつい出てしまうのです。

 

 

 

でも子どもは違うのです。

 

 

 

見たこと

 

体験したこと

 

を純粋に楽しめるのです。

 

 

 

だから・・・

 

子どもは素晴らしいのです!!

 

 

 

 

でも最近の子どもたち・・・

 

少し気になります。。。

 

 

先の

 

「やっても****」

 

 

「※※※※なんてやらきゃよかった」

 

とすぐ口にする子・・・

 

確実に増えてきているように感じます。

 

 

 

これは

 

良くない兆候です。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

 

子どもが子どもらしく、

 

時を過ごせていない表れでもあります。

 

Σ(゚д゚lll)

 

 

 

 

アレグランは

 

時に厳しい注意を子どもたちにすることもありましたが・・・

 

子どもが子どもの時に

 

子どもらしい経験ができるように

 

これまでそのことには、配慮をしてきました。

 

 

子ども時分に子どもらしく過ごすことは、

 

人間が真っ直ぐに成長するカギになるとの信念があるから

 

です。