「跳び越す」こと・・・

 

 

 

跳び箱は、

 

基本、手をつかないと跳び箱は跳び越せません

 

 

 

ただ・・・

 

あまりに低い跳び箱には、

 

助走と踏み切り(ジャンプ)だけで跳び越せる場合もありますが、

 

そのケースは除きます。。。
 

 

 

 

話は戻ります。

 

 

 

跳び箱で

 

踏み切りに続いて大切なことは

 

“手をつくこと”

 

です。

 

 

 

跳び箱の上(帆布部分)の

 

『どこに手をつくのか』

 

ということになりますが、


(とても大切なことではあるのですが)

 

今回は、ここの部分は割愛させていただきます。

 

 

 


ではでは、本題です。

 

 

手をついたら、

 

『どのようにして(その手を利用して)跳び箱を跳び越していくか』

 

がポイントになってきます。

 

 

 

但し・・・


跳び箱につく手は、

 

決して飾り(形式)ではありません!

 

 

 

『跳び箱を跳ぶ時は、手をつくものだから』

 

という、適当な理由ではなく・・・


跳び越すために、

 

とても重要な役割を果たしているのです!

 

 

 

 

 

跳び箱の上についた手が

 

踏み切り(ジャンプ)で空中に上がった身体を支えているのです!!

 

 

 

 

つまり・・・

 

(あくまでアレグラン的なイメージですが)

跳び箱の上部で、

 

足の変わりに、身体を支えているのです!

 

 

 

ですから・・・

 

繰り返しますが、

 

跳び箱の上に、適当に手を置いているだけではダメなのです。✖

 

 

 

それをアレグランでは

 

跳び箱を行う前に指導し、

 

きちんとチェックを入れていきます。✅

 

 

 

まずは、

 

跳び箱の代用ができるもので

 

じっくりトレーニングし、

 

習熟度を見極めます。。。

 

    👆

   👆

  👆

 「う〜ん」('へ') 

 

 

これでは・・・

 

跳び箱を跳び越すことは

 

ほぼ不可能ですね。。。(´≡ω≡。)

 

 

 

ここでは・・・

 

手(腕、肩)に

 

身体(体重)が乗るように

 

行わなければなりません。

 

 

 

 

繰り返しますが、

 

アレグラン的には

 

跳び上がった後(空中では)

 

『手で身体を支え、跳び箱を跳び越す様子でなくてはならない』

 

のです。

 

 

 

つまり、

 

“手が足代わり”になっていないとダメなのです!

 

 

👇

 

そういうイメージが出来上がりますと

 

・・・

 

自然にお尻は高く上がるようになります!👍

 

 

 

 

ですから、

 

倒立もまた大切なトレーニングの一つになります。

 

 

掌(てのひら)で

 

肘(ひじ)で

 

肩(かた)で

 

・・・

 

自重を受け止め

 

バランスのコントロールをする感覚ができなければ

 

・・・

 

跳び箱を跳び越すことは難しいですね。。。

 

 

 

😢

 

 

前のめりになるのが

 

少し怖い(恐怖心がある)子には

 

指導者が補助を行い

 

腕、肩で自重を受け止めることを

 

促していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

跳び越す部分は

 

最も難しい局面であることは間違いありません。

 

 

 

ですから、

 

その部分は

 

丁寧にトレーニングしていきます。

 

 

 

 

「できる」

 

 

「できない」

 

 

・・・

 

 

やはり、

 

その理由はあります。

 

 

 

 

 

アレグランでは

 

その理由を究明し、

 

将来のある子どもたちに

 

適切なトレーニングを施していきます。