皆さまこんにちは。

 

 

アレグラン日記ですが

 

更新が滞り、

 

楽しみにしていらっしゃいます皆さまには

 

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

 

『子どもたちの成長のために何を発信すればよいのか』

 

 

 

それはブログだけでなく

 

日々のクラブ運営の場面でも

 

とても考えさせられます。

 

 

 

でも・・・

 

ただただ迷っているだけでなく、

 

私たちのような教育団体が

 

正しいことを吟味しながら

 

“想い”を持って

 

“勇気”を持って

 

発信しなければいけません。

 

 

 

ですので・・・

 

本当に久しぶりの更新ですが

 

今回も気持ちを込めて

 

キーボードを打っています。

 

 

 

そしてこれからも

 

アレグラン日記は

 

続けています。

 

 

 

よろしくお願いします!!

 

 

 

(。v_v。)

 

 

 

 

 

ではではまいります。

 

 

 

前回まで

 

「1対1で抜けないのはなぜ?」

 

というタイトルで

 

3回書いてきましたが、

 

ここで最も大切なことを

 

押さえておかなくてはいけません。

 

 

 

『1対1』

 

・・・

 

つまり、

 

相手との対決です。

 

 

 

それに勝つということは

 

『対決を制する』

 

ということ

 

なのです。

 

 

 

では

 

皆さまは

 

“相手との対決”

 

を好みますか?

 

 

 

子どもたちはどうでしょうか??

 

 

 

(・ω・`)???

 

 

 

 

基本的に

 

“日本人の気質”

 

 

“日本人の体つき”

 

などは、

 

どちらかと言いますと、

 

対人に向いている方ではない

 

と考えられています。

 

 

 

 

ですので、

 

1対1の対決ではなく

 

複数で・・・

 

つまり、

 

集団で局面を打開することを

 

得意としているように感じます。

 

 

 

 

しかし・・・

 

集団スポーツなのですが

 

ことさら、

 

サッカーというスポーツは

 

個の力で局面を打開する部分が

 

ゲームの大きなカギを握ります。

 

 

 

 

このブログを読んでいらっしゃる

 

大半の方々が日本人でいらっしゃるかと思いますが。。。

 

 

 

「あなたの目の前に相手が現れました」

 

そのシーンを想像してください。

 

 

 

(━_━)ゝウーム

 

 

 

そして、

 

その相手が・・・

 

▷大柄であったり

 

▷日に焼けていて筋骨隆々であったり

 

▷強いと噂のチームであったり

 

 

・・・

 

 

∑(゜д゜υ)

 

 

 

 

もし、

 

そうであれば

 

それでもその対決を

 

あなたは

 

「挑みますか❓」

 

「避けますか❔」

 

 

。。。。。。

 

 

やはり避けたくなりますよね。

 

 

 

 

 

あからさまに避けないとしても・・・

 

一瞬怯んで(ひるんで)しまうものです。

 

 

 

 

でもやはり、

 

そこで大切になるのは

 

ボールを保持するプレーヤーが

 

逃げずに積極的にしかける(挑む)姿勢

 

なのです。

 

 

 

 

もし、

 

ここで逃げずに

 

相手を突破することができれば・・・

 

相手プレーヤーを一人剥がす(はがす)ことに成功するわけですから

 

攻撃側のチームは数的有利な状況になる

 

のです!

 

 

 

そして、

 

そこで問われるのが

 

“テクニック”の部分ではあるのですが・・・

 

そこは

 

声を大にして言いたいところでもあります。。。

 

 

 

 

 

テクニックは大切ですが

 

「最も重要なことは、勇気を持って相手に向かうこと」

 

なのです!!

 

 

 

 

不入虎穴、不得虎子

 

という中国の言葉があります。

 

 

 

これは日本(訳)では、・・・

 

「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」

 

という有名な故事成語です。

 

 

 

『何かを得たければ、リスクを覚悟して臨まなくてはならない』

 

 

ということ。

 

 

 

逆を返せば・・・

 

 

『勇気を持って臨めば

 

 欲しいものを手に入れることができる』

 

と解釈することができます!

 

 

 

 

★慌ててボールを蹴らない(離さない)

 

★自分の力で局面を打開する

 

 

ということを

 

育成年代初期の子どもたちに

 

積極的に取り組ませたいと

 

アレグランでは考えています。

 

 

 

 

 

 

一方、

 

困難な場面で蹴ってしまいたくなるところを

 

自分自身で何とかすること

 

・・・

 

自分に負荷をかけるのは

 

面倒で大変なことです。

 

 

 

≡Σ(∀ |||) 

 

 

 

 

これは日常生活でも同じですよね。

 

 

 

 

・・・

 

 

自分自身に

 

『勇気と力』

 

がないと

 

状況を好転させることはできません!

 

 

 

サッカーという競技の中で、足技は大切です。

 

 

 

でももっと大切なことで、

 

サッカー以外の場面でも重要になること

 

 

・・・

 

 

アレグランでは

 

この“大切なこと”

 

つまり

 

『心の持ちよう』

 

をサッカー(スポーツ)を通して

 

将来を担う子どもたちに伝えていきます