皆さま、こんばんは。

 

 

さて、先回の続きです。

 

 

 

先回は、アレグランの体力チェックは

 

「何をねらいに実施しているのか❓」

 

というところがつづきになっていました。。。

 

 

 

体力チェック・・・

 

 

 

簡単には

 

体力テスト・・・

 

 

"テスト"

 

という響き・・・

 

 

「何か、重〜いイメージ」

 

ありませんか。つらい

 

 

 

 

一方、自分のパフォーマンスが数値化されると、

 

人間は興味を惹かれるものです。ふらふら

 

 

 

 

特に、大人は・・・

 

その結果に、のめり込んでいきます。。。気になる

 

 

 

 

その結果(子どもに)

 

過度な期待を持ってしまったり

 

逆に

 

諦めてしまったり

 

しがちです。

 

 

 

 

で、

 

子どもの側はどうでしょうか❓ ドキ

 

 

 

 

テスト・・・

 

 

何か

 

「失敗ができない」

 

「高得点(高記録)でないとダメ」

 

のような雰囲気になりませんか❔ うーん

 

 

これで

 

子どもたちは・・・

 

本当に楽しいと感じるのでしょうか?うーん

 

 

 

 

私自身、

 

子どもの頃

 

「もっと"のびのびとしたところ"で活動したいな」

 

そして

 

「"上手くなるポイント"を知りたいな」

 

とずっと思っていました。かなし

 

 

 

 

 

競争の中で

 

ただやるだけ・・・。

 

 

 

 

それで得たものが少なかったように感じるのです。

(全くいいことがなかったわけではありませんが)

 

 

 

 

 

だから子どもたちには

 

『正しい環境において育成したい』

 

と強く考えています。ポイント

 

 

 

 

"点数"

 

"勝敗"

 

だけに気を取られていては

 

大切なものを落としてしまいます。

 

 

 

 

その大切なものとは・・・

 

「スポーツを好きになること」

 

「スポーツを続けたいなと感じること」

 

そして

 

「確実に上手になること」

(👆 具体的には、基礎・基本を確立すること)

 

です。

 

 

 

 

 

 

アレグラン体育教室で実施します体力チェックでは

 

☆短距離走

 

☆持久走(長距離走)

 

☆立ち幅跳び

 

☆壁のぼり倒立

 

☆開脚前屈

 

☆ブリッジ

 

☆ゆりかご

 

☆鉄棒腕曲げぶら下がり

 

☆ボール投げ

 

・・・

 

いろいろ行います。ポイント

 

 

 

 

その活動中にはきっと

 

「初めて(普段はあまり行わない)運動に出くわすこと」

 

でしょう。

 

 

 

 

まずは、

 

それ(☚身体を動かす要素)を体感して欲しいのです。

 

 

 

 

 

「できない」

 

「無理」

 

と思うこと(*種目)もあるでしょう。

 

 

 

 

でも、

 

どれも自分の身体を上手に動かすためには、

 

大切なものなのです。

(☝それを厳選しています)

 

 

 

 

先に挙げました種目(メニュー)は、

 

「行動体力の"機能"」の部分・・・

 

つまり、

 

『行動を起こすための能力』

 

になります。

 

[筋力、スピード、バランス、スタミナ、柔軟性 etc.]

 

 

 

 

行動を起こすために大切な力を測るために

 

"細分化したメニュー"をアレグランっ子に実施します。

 

学校の体力テストと違う部分があります

 

 

 

 

この体力チェックを通して、

 

「身体を動かす子どものどこが不足しているのか」を把握し、

 

そして、

 

一年間、何に取り組むべきかの判断材料を得るのが

 

新年度に実施しますアレグランの体力チェックなのです。ポイント

 

 

 

 

体力チェックを経て得るものは

 

とてもとてもかけがえのないものであり、

 

それ(チェックの結果)は、

 

一概に他人と比較するものでもありません。

 

 

 

競争する相手は自分。

 

年度末にどれくらい自分の数値をバランスよく高く伸ばすことが

 

一年間の目標なのです。ポイント

 

 

 

どの場面においても、

 

こだわりを持って臨むのがアレグラン流です!