皆さま、こんにちは。

 

 

すっかり秋が深まってきましたね。秋

 

少し風は冷たいですが、

 

スポーツには調度良い気温かと思います。

 

屋外で積極的に身体を動かしましょう!

 

 

 

 

 

さてさて、

 

先回の練習試合の報告・・・

 

詳細を書いていませんでした。恥ずかしい

 

 

 

 

詳細を綴る前に、

 

「試合の報告」となりますと

 

通常スコアや勝敗がメインになるのではないでしょうか ?

 

 

 

当たり前といえば、当たり前ですよね。

 

 

サッカーも含め、スポーツの試合は

 

勝利と、記録更新を目指して試合の場に行くのですから・・・。

 

 

 

 

しかし、

 

アレグランではこの部分を、

 

あえて強く語りません!!指

 

 

 

 

なぜ はてな

 

 

 

「スポーツは勝ち負けや結果ではなく楽しむものだから」

 

 

そうかも知れませんが・・・

 

 

でも

 

「楽しむ」ってどういうことでしょうか?

 

“勝たなくて良い試合”、てありますか?

 

勝つために全力を尽くした末に

楽しみが沸いてくるものではないでしょうか?

 

 

 

だから、

 

はなから負けて良い試合などないと思いますし、

 

「楽しむ = いい加減になる」・・・のが、

 

(物事をよく理解できない)子どもの頃に

陥りやすいことではないでしょうか。

(*例えば、子どもたちは放っておけば、大事な場面でふざけたりはしないですか?)

 

 

 

 

だからしっかりと目に前の試合に向き合うことは

 

とても大切なことだと、いつもアレグランでは考えています。ポイント

 

 

 

 

したがって

 

『勝利を目指して全力で取り組む』

 

ことは外せない理念です。ポイント

 

 

 

 

 

一方で、

 

その全力でやった結果が負けであっても、

 

それは全く恥じるものではないですし、

 

これからまだまだ先がある子どもたちですから、

 

どんどん(この先)強くなりますから

 

全く落胆することはありません。ポイント

 

 

 

 

スコアや勝敗を気にしているのは、実は大人なのかもしれません。

(きっと大人なのです・・・)

 

 

 

 

ですから、アレグラン日記では

 

あえてスコアや勝敗を大きく載せることは控えたいと考えています。

 

 

 

 

だって・・・

 

練習試合なんだから。

 

 

 

 

Jリーグ?

 

アジア選手権?

 

ワールドカップ?

 

 

だったら、結果はとても重要になるのですが。。。

 

 

 

試合の報告前に

 

 

クラブに集うメンバー、保護者の皆さまにはもちろん

 

クラブを巣立っていたった元メンバー、

 

そして、サッカー、スポーツを愛する皆さまに述べておきたいこと・・・

 

 

 

それは、

 

正しく子どもにサッカー、スポーツに向き合わせること

 

つまり

 

環境づくりの大切さです。

 

 

 

 

子どもたちの試合は誰のもの?

 

 

 

それは、子どもたちのものです。

(大人が楽しむためのものではありません)

 

 

 

試合は勝たなくてはいけない?

 

 

 

勝っても負けても、大喜びすることも悲観することはありません。

 

 

この先があるから。

 

 

 

でも、目の前のことに一生懸命になれない人は、

 

残念ながらこの先も大きな成長は期待できません。

 

 

だから、試合の前から「負けても平気〜♪」はありません。

 

 

 

 

実戦は、本当にたくさんのことを教えてくれます。

 

 

 

 

 

「試合を経て何を学ぶか」

 

をアレグランでは大切にしています。