皆さま、こんにちは。

 

 

まず、

 

サッカー日本代表

 

ロシアワールドカップ出場

 

おめでとうございます!!祝

 

 

 

 

そして今回、

 

このブログで

 

「ぜひ取り上げたい」

 

のが、

 

日本2点目の井手口陽介 選手◆淵ンバ大阪)

 

のミドルシュートです。

 

 

 

 

ご覧になられた方もご覧になられていない方も

 

あの瞬間をどうぞ!こちら

 

 

 

どうしてこれほどまで見事なゴールを決めることができたのでしょうか?

 

 

それは、

 

ボールが足下に入ってから、

 

ボールが常に“そこ”にあった

 

からです!

 

 

 

 

では、コマ送りで流れを追ってみましょう。ビデオ

 

 

 

まず日本の左サイドで、

 

相手選手と1対1の形になります。

下

利き足のアウトサイド(*外側)でボールを動かし(切り返し)

相手を・・・

振り切ります!グッド

 

 

それでも相手選手は、

 

ゴール前ですから、ねばり強くついてきます。いや

それでもボールは決して離しません。かお

ボールの置き場所が良いので、相手選手は奪えません。

 

ついていくだけです。驚き

 

 

しかし、またもう1人の相手瓦現れました・・・

 

ボールはゴール正面付近に近づいていますので

シュート体勢に入ります。サッカー

狙ったコースに、思い切って・・・

右足を振り抜きます!

するどくコントロールされたボールは、

ゴールネットに突き刺さりました!!ゴール

 

 

 

見事なゴールシーンでした !

 

 

 

では、このシュートを放つ一連の中で、

 

ボールはどこに置かれていたでしょうか ?

 

 

 

それは・・・

 

 

 

全て利き足(右足)です。

 

 

 

 

そして、

 

そのボールはコントロール(いつでも扱える状態)されていました。

 

 

 

 

では

 

このプレーを可能にするためには・・・

 

 

日頃、どれだけ意識して練習するかに尽きます。

 

 

 

ただ列に並んでジグザグドリブルしているだけでは・・・

 

いけません。× (◎アレグランは“その部分”にこだわっています)

 

 

 

 

 

「ボールをどこに置きながら進むか?」

 

 

「切り返した後のボールは、どこに置くべきか?」

 

 

 

次にプレー(蹴る、運ぶを)しやすいところに置けていますか??

 

 

 

 

その意識をきちんと植えつけて、

 

そして

 

繰り返しトレーニングして身につける時期が、

 

育成年代・・・

 

正に小学生の時期なのです。指

 

 

 

 

正しい努力をすること

 

それをしっかり心に刻んで

 

アレグランでは、

 

二学期も活動を続けていきます!!