皆さま、こんにちは。

 

いよいよ8月も残りわずかとなりました。さみしい

 

2学期を意識して、

 

生活のリズムをつくっていきたいですね。時計

 

 

 

 

さてさて、

 

 

“軸足づくり”第3弾

 

 

ひとまずまとめにしたいと思います。ゴール

 

 

 

 

ボールを蹴るには・・・

 

当たり前ですが

 

ボールのところにいかなくてはなりません。

 

 

 

つまり、

 

ボールの横に立ち足(軸足)を踏み込む必要があります。

 

 

 

しかし・・・

 

踏み込むためには、

 

“足が合わない”

 

といけません。

 

 

 

つまり、

 

“上手に足を動かす能力”

 

が求められます。

 

 

 

▲足を出そうとするとリズムが乱れる

 

▲足を出した(片足になった)瞬間、バランスが崩れる

 

▲足がボールの真横につけない

 

 

これらの子どもたち・・・

 

多くなっているように感じます。。。

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

上の画像では、立ち足の位置としては“バッチリ”のように

 

見えますが・・・

 

 

実は、この立ち足の場所であれば、

 

ボールは本来ココです。下

 

ですので、

 

立ち足の位置が、ボールに対して少し後ろなのです。

 

 

 

これを解消するには・・・

 

例えば

 

 ケンケンパー

 

 スキップ

 

などが

 

自然に自由にできること。

 

 

 

ボールを蹴るためには必要な要素です。

 

 

 

 

例えば今月、

 

アレグランでは次のようなトレーニングを

 

行いました!

 

これ

 

?

 

 

「一体、何をやっているの?」

 

という質問が返ってきそうです。。。

 

 

 

これは、

 

全く難しい内容ではありません。

 

 

1 皿コーンの横にケンケンで片足を踏みながら前に進みます

 

2 皿コーンの色が変われば足を変えます(*同色の場合はそのまま)

 

 

とても単純明快な設定です。

 

 

 

 

なのにも関わらず・・・・・・

 

 

子どもたちは四苦八苦します。

 

 

 

 

なぜ??

 

 

 

 

それは、

 

人間は普段二本足の生活なのに、

 

ここの場面では一本足だからです。

(◎サッカーは一本足になるスポーツです)

 

 

 

 

さらに、

 

 

コーンの色の変化によって、

 

足を変えなければいけません。

 

 

 

だから、

 

 

 グラグラ・・・

 

 よたよた・・・

 

 オロオロ・・・

 

 

そんなことが繰り返されました。ふらふら

 

 

 

おやおや?

 

指導者が何かにつまずきましたか??はてな

 

 

 

いえいえ

 

 

「(こんな風に)姿勢が崩れている子がいるよ!」

 

と注意を促している様子でした。注意

 

 

 

ただ・・・

 

最初はぎこちなかった子どもたちも、

 

回をこなすごとに、

 

次第に足が正確に動くようになっていきました!!

 

 

 

 

これが

 

『トレーニングの効果』

 

なのです。ポイント

 

 

 

 

 

また別の日(*8/26週末練習会)では、

 

こんなウォーミングアップも・・・

 

 

 

???

 

 

これまたよく分からない画像ですね。。。???

 

 

 

これは、

 

陣取りゲーム

 

です。

 

 

 

ビブスチーム(オレンジ) VS ビブスなしチーム(ブルー)

 

の対決です。

 

 

 

目指すは、

 

相手陣地深くにある“黄色ビブス”です!

 

 

それを捕りに走ると・・・

 

相手に出くわします。

 

 

そこでジャンケンです。グーチョキパー

 

 

 

勝てば進めて

 

負ければ次の仲間と交代

 

です!

 

 

 

これを

 

進化させて・・・・・・

 

 

 

「片足で“ドン”」

 

ジャンケン。グーチョキパー

 

 

上ここで両足になったら(ジャンケンで勝っても)“負け”です。えー

 

 

 

足はボールをキックしない“軸足”

 

で立ちます

 

 

が・・・

 

 

利き足(蹴り足)で立っている子もいます。。。

 

(まあこれは大目にみましょう。。。)

 

 

 

ジャンケンの間も、

 

「足がついたら負け」

 

です。えー

 

 

 

 

 

だから大変です。

 

 

 

 

 

でも・・・

 

このゲームを通して、

 

次第に、軸がつくられていく様子が感じられました。おー

 

 

 

 

 

軸足が安定すると・・・

 

 

キックしたボールも

 

力強く、するどい

 

ボールが飛ぶようになります!

 

 

 

素晴らしいプレーヤーの蹴り姿勢を観て、

 

何を感じるかが大切です。

 

 

 

 

アレグランは、

 

繰り返し観察した結果から得られた情報を

 

子どもたちに落とし込む努力を日々重ねています!