皆さま、こんにちは。

 

 

気がつけば5月もあと残り僅か。。。

 

新年度が始まり2カ月・・・早いですね。。。カレンダー

 

一日一日を大切にしたいですね。一日

 

 

 

 

さてさて、先回のタイトル

 

「スポーツを通して知ること」

 

の続きになります。

 

 

 

スポーツには・・・

 

『道』

 

のつくものがあります。

 

 

柔道

 

剣道

 

空手道

 

などが有名なところでしょうか・・・。

 

 

道を行く

 

道を究める

 

のですから精神修養のような部分もあるかと思います。

 

 

 

自身も、剣道の経験がありますので、

 

この精神への働きかけの大きさを経験してきました。

 

 

例えば、

 

「竹刀を跨がない(またがない)」

 

は、剣道少年団に入団した時から厳しく言われました。

 

 

その後、

 

サッカーという“自由な”スポーツに出会い、

 

『スポーツは、これでなくっちゃ!』

 

と感じました。

 

 

 

しかし、また時は流れ、

 

指導者になった今、考えさせられます・・・。

 

 

 

例えば、

 

サッカーボールに座るべきか?

 

[㊟画像は、アレグランの活動風景ではありません]

 

 

「ボールに自ら座る子ども」

 

「あえてボールに座らせて話をする指導者」

 

・・・多くいます。

 

 

 

現代のサッカーボールは、

 

昔のボールと違って、

 

変形しにくい材質であることは間違いありません。

 

 

☆付録☆

 

天然皮革のボールも、技術革新と共に・・・

 

 

大きく様変わりしました。。。

 

 

 

また、

 

地べたに座るより(椅子の代わりに使うと)

 

落ち着いて子どもたちが話を聞ける

 

という意見もあります。

 

 

 

しかし、アレグランでは、

「立って話を聞く」

 

 

「(座っても)体操座り」

 

 

が普通です。

 

 

 

それは、

 

物事を習得する上においてとても重要となる

 

『話を聞く姿勢』

 

を大切に考えているからです。

 

 

 

このような話題は・・・

 

別ブログの[サッカーの素]で取り上げますので

矢印ぜひサッカーの素にもお立ち寄りください!)

 

ここでは、

 

極力アレグランの日々に則して書きたいと思います。。。書く

 

 

 

ではでは、先日のサッカーの活動前、

 

ふとアレグランっ子の足下を見ましたら・・・

 

 

かなり汚れていました・・・。残念

 

 

「まあこれくらいいいじゃない」

 

と言えば、それでもOKですね。

 

(だって・・・「どうせ屋外でボールを蹴ったら汚れるから」)

 

 

 

現代の定番のカラーシューズ・・・

 

画像のようなオレンジ色のシューズは、

 

サッカー独特の泥汚れをうまく隠してくれます。。。てれ

 

 

では一方で・・・

 

ホワイト系・ブラック系のシューズは・・・

 

大きく汚れが目立ちます。だめ

 

 

「じゃあ、カラーシューズにしよう!」

 

 

・・・・・・

 

 

では、何か違いますね。だめ

 

 

 

 

大切なことは、何でしょうか ?

 

 

 

 

それは・・・

 

サッカープレーヤーの技術を支えるシューズを大切にすること。

 

 

お父さん・お母さんが

 

 「上手になってほしい」

 

 「もっとサッカーが好きになってほしい」

 

 「好きなサッカーをがんばってほしい」

 

という期待を込めて買ってもらったシューズを大切にすること。

 

 

 

これらは

 

 

『とてもとても大事な意識』

 

 

ではないでしょうか?

 

 

 

だからアレグランは、

 

道具を大切にすることを伝えます。ポイント

 

 

 

 

大人が働きがければ・・・

 

 

子どもは動きます。おー

 

 

 

そして、先ほどの汚れていたシューズも

 

 

少しの手入れで、見違えるようにきれいになります。おー

 

 

 

「『きたない』のと『きれい』のでは、どちらがいい??」

 

の問いかけに対し、

 

子どもたちは敏感に反応します。

 

 

 

素直

 

純粋

 

だからこそ感じるものが多いのでしょうね。。。

 

 

 

そんな子どもたちは、

 

とてもステキです!!大切

 

 

 

だから、この時期にこそ

 

働きがけをアレグランでは行います。ポイント

 

 

 

技術面や体力面はもちろん大切です。

 

 

 

ただ・・・

 

スポーツをする本人の人間性を養うことは、

 

“二の次”になってもいいのでしょうか?

 

 

 

 

「躾はいつ、どのタイミングで為されるべきか?」

 

「スポーツで躾(*人間を育てること)は可能であるのか?」

 

・・・・

 

日頃の活動を通して、

 

これらが明確になりました。

 

 

 

 

『鉄は熱いうちに打て』

 

『スポーツは子どもを大人にする』

 

 

がアレグランの答えです!!ポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM