皆さま、こんにちは。

 

カラッとした晴天。晴れ

 

蒸し暑さはないこの暑さ・・・

 

まるでハワイのようですね。。。南国

(👆ハワイに行ったこともないので…想像です恥ずかしい

 

 

 

さてさて、

 

『ゲームを楽しむ力』

 

・・・残り2回となりました。

 

 

 

と同時に、文字(アルファベットの頭文字)も

 

もうすぐ明らかになります!ウインク

 

 

 

これまで3回で分かった文字は、

 

OとEとDでしたね。英語

 

 

今回は、

 

“R”

 

です。

 

 

 

 

↑フットサルの1対1の場面・・・

 

 

〚攻〛ボールを保持している側 → 相手をかわして、ボールを前に進める。

 

〚守〛ボールを保持していない側 → 相手を止め、ボールを奪う。

 

 

この際、お互いに必要になるのは・・・

 

一瞬の動き です。

 

 

 

それは

 

ただ“すばしっこい”

 

のとは少し異なります。

 

 

 

目で見た情報

 

 

速やかに身体に伝え

 

 

(下半身の)筋肉を適切に動かす

 

ことが“カギ”になります。

 

                                 ↓

 

 

 

ゲームの中で素早く動くためには・・・

 

 

目で見た情報を処理(整理・判断)し、

 

筋肉に伝えて身体を動かす

 

 

ことを速やかに行う必要があります!ポイント

 

 

これができると

 

『反応』

 

が良いということになります。ポイント

 

 

 

この身体を使ってボールを受ける力は

 

コーディネーションスキルでは

 

「反応(Reaction)」

 

を指します。

 

 

 

 

反応・・・

 

 

様々なスポーツ(*ゲームの場面)に求められる力ですね。

 

 

 

 

ではどうすれば、

 

この反応を高めることができるのでしょうか??

 

 

これも具体的に、

 

トレーニングを施す必要があります。ポイント

 

 

例えば・・・

 

一昨日のサッカークラスで次のような

 

トレーニングを実施ました!☆

 

 

 

指導者が

 

5つのボールを

 

連続して投げます。ボール

 

 

 

子どもは

 

2つのコーン間を

 

サイドステップ

 

 

クロスステップ

 

 

駆使して

 

キャッチします。

 

 

 

 

ただ、

 

この小さいボールをキャッチするには、

 

先回解説しました

 

道具を上手く扱う力・・・

 

“識別能力”

 

が求められます。

 

 

 

ですので・・・

 

 

基本設定は同じで

 

「ボールをよける」

 

の内容で実施するのも効果的です。

(👆一昨日は、最初に「よける」を実施しました)

 

 

Reactionトレーニングを施すことで

 

初めは上手く身体が反応しなかった子も

 

徐々に動くボールに対しての一歩が改善されていきます!驚き

 

 

 

これをサッカーでのフィニッシュ(シュート)の場面に

 

つなげていきます。

 

 

 

次に、

 

昨日の活動のワンシーンをご紹介します。

[*ゴールはあえて逆向きになっています]

 

 

後ろから頭越しに投げてもらったボールに

 

 

素早く反応して(ボールに追いつき)

 

 

正しい位置に立ち足(軸足)を置き

 

 

シュートします!!

 

 

 

得点が入らない

 

上手くキックができない

 

(例えば・・・体勢が崩れる・空振りしてしまう)

 

 

それは、なぜでしょうか?はてな

 

 

そこには、

 

反応という能力の向上に焦点を当て取り組んでいくことで

 

変わる(改善)可能性があります。ひらめき

 

 

 

反応能力とは

 

『目(耳)からの情報に対して素早く反応し、対応する能力』

 

を意味します。

 

 

 

これは、

 

力とは書きますが、

 

筋力ではなく、“感覚”です。ポイント

 

 

 

感覚を刺激、発達させるのに効果的なのは、

 

正に幼児・小学生の時期です。

 

 

 

この頃に、

 

どのような環境で活動したかが

 

その先の運動面に大きく関わってきます。

 

 

 

ただ身体を動かすのではなく、

 

「“何”を目的に」

 

「“何”を引き出したい(高めたい)か」

 

がポイントになります。ポイント

 

 

 

アレグランは、

 

このことをいつも肝に銘じながら

 

大切な時期を過ごしている子どもたちに向き合っています!

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM