皆さま、こんにちは。

 

気がつけば5月も中旬に入り、

水が入り始めた田んぼも見かけますね。かかし

 

 

 

 

さてさて、

 

今回も

 

『ゲームを楽しむ力』

 

で考えてみたいと思います。

 

 

 

ゲームには、

 

“道具”が登場します。

 

 

 

例えば

 

 

「野球」野球

 

 

「テニス」テニス

 

 

そして

 

「サッカー」サッカー

 

 

・・・

 

これらの道具を上手く扱う力は、

 

どうすれば身につくでしょうか?

 

 

 

まず、上記のスポーツに共通する点は、

 

“ボール”です。

 

 

 

ボールといえば・・・

 

小学校でも体育の授業で行われています

 

 

ドッジボール(👈東海市では学校対抗の大会も開催されます)

 

当然、ボールを使います。

 

 

 

 

 

ただ、

 

ドッジボールは、

 

「ボールを当てられる」

 

「ボールを受けることができない」

 

「ボールを思うところに投げれない」

 

・・・

 

だから

 

「面白くない」

 

「やりたくない」

 

 

中には

 

・・・

 

“禁止すべき”

 

という意見さえあります。。。!

 

 

 

この最も大きな原因のひとつに、

 

『ボールの扱いに慣れていない』

 

ということがあることに着目する

 

必要があります!

 

 

 

原因から見えてくる課題に取り組まないで

 

避ける(*例えば、この場合はボール運動)のは、

 

とてももったいないことであり、

 

何の解決にもなりません。むむ

 

 

 

「むずかしい」かお

 

「こわい」かお

 

 

だから、それを乗り越える(克服する)

 

ことが大切なのです。ポイント

 

 

 

 

アレグランでは具体的な解決を図ります!

 

 

先日のウォーミングアップでは

 

 輪になって

 

 いろいろなボールを使って

 

キャッチボールを行いました!

 

 

 

大きさの異なる3種類のボールを使って

 

まずは

 

「時計回り」に

 

 

次に

 

「反時計回り」に

 

 

 

3つのボールを落とさずに回していきます。ボール

 

 

 

「右回り」

 

だけでなく

 

「左回り」

 

も行うことで、

 

『運動時の左右差』も解消していきます。ポイント

 

 

 

さらに、

 

全員1個ボールを持って、

 

回します。

 

 

 

自分のボールを投げたら、

 

すぐに隣からボールがくるので、

 

素早い捕球の準備が必要です。注意

 

 

 

この身体を使ってボールを受ける力は

 

コーディネーションスキルでは

 

「識別(Differentiation)」

 

を指します。

 

 

 

つまり、

 

『手や足で道具(*この場合はボール)を扱う能力』

 

を意味します。

 

 

 

ただし、

 

今回の例は、サッカーの子どもたちが行いましたので、

 

ボール扱いには、そこそこ長けて(慣れて)いるため

 

難しさは少ないと思います。

 

 

そこで、

 

ボールに慣れていない子どもたちには、

 

(落下スピードの遅い)ビニール袋をキャッチする

 

ことから始める(*道具に変化を加える)ことで、

 

無理なく効果的に識別能力を高めていきます。

 

 

👆バリエーションとして、昨日の体育教室では

 

しゃがんで床をタッチしてから、

 

立ち上って、ビニール袋をキャッチしました!

 

 

道具を上手く扱うためには、

 

上半身、下半身を上手く使うことも大切になります。ポイント

 

 

しゃがんだ姿勢から立ち上がり[下半身の運動

 ⇓

手で袋をつかむ[上半身の運動

 

 

これは、

 

コーディネーションスキルでは、

 

「連結」と呼びます。

 

 

 

道具を扱うためには、

 

この2つの能力、

 

識別・連結能力(Differentiation)を

 

高める必要があります。ポイント

 

 

 

 

これまで3つのコーディネーションスキル(能力)を紹介してきました。

 

 

 

おさらいしますと・・・

 

Orientation(定位・空間認知能力)の“O”

 

Equilibrium(平衡能力)の“E”

 

今回の

 

Diffentaition(識別・連結能力)の“D”

 

 

・・・・

 

 

何か文字が見えてきましたね。。。おー

 

 

 

つづきはまた次回以降に・・・。つづく

 

 

 

アレグランでは、

 

正しい知識を持って、

 

子どもたちの課題に向き合い

 

課題に焦点が当たるトレーニングを行うことに

 

努めています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM