アレグラン日記

アレグラン東海の日々の活動をご報告します!
<< さよなら2016 | main | 2017年度スタート! >>
ありがとう6年生(新中学生)
0

    皆さま、こんばんは。

     

    先週末は、地元公立中学校で入学式が行われました。入学式

     

    式には出席していませんが、

    昨月、小学校を卒業したアレグランっ子たちも、

    晴れやかに中学校の門をくぐったことと思います。桜

     

     

    ここで先日の2016年度最後の週末の練習会と、

    ひとまずアレグランでの活動に一区切りした

    2人の6年生を紹介します。

     

     

    3月26日日曜日・・・

    あいにくの雨混じりでしたが、

    サッカーという競技は、基本天候で中止にはなりません。

     

    また、

    最後の活動日を、簡単に中止にはできませんでした。

     

     

     

     

    いつも通り、ハンドパスゲームからスタート。

     

     

    手でボールを扱いながら、戦術理解(判断)を養います。

     

     

    身体を充分温めて、ストレッチです。

     

    これもいつも通りです。ポイント

     

     

    最終日だからといって、

    特別なことはありません。

     

    反対に大切なことは、

    最終日まで続けます。

     

     

    次は、4つのゴールを使った

    “スモールサイドゲーム”です。

     

    4つのゴールを使用した変則のルールで

    技術と判断を養いながら

    ゲームを楽しみます!

     

     

    園児さんも

    小学生も

    中学生(OB)も

    お父さんも

    お母さんも

     

    泥んこになりながら、ボールを追いかけました。

     

     

    最後は、紅白戦で〆です。

    〈ボールはどこだ??〉

     

    年齢に関係なくピッチに入っているため、

    (特に低年齢層は)ボールに集まるため、

    やりにくさはあります。

     

    ただ、その団子サッカーにもなる中で、

    “ボールをしっかり持って”プレーし、

    『突破、打開』できるかが、

    カギとなります。鍵

     

     

    ポイント年齢の低い子は、年齢の高い子に負けない、怯まない。

    ポイント年齢の高い子は、年齢の低い子と共にできるプレーを貫徹する。

     

    つまり、

    低学年は、「勇気を持ってプレー」する。

    高学年は、「思いやりの心を持って、正確なプレー」を心掛けることです。

     

     

    雨途中、雨が強くなったりもしましたが・・・

    心を切らさず、最後までプレーできました!ガッツポーズ

     

     

    タイムアップと共に・・・

     

    お父さんとも握手 握手

     

    6年生のお兄ちゃんとも握手 握手

     

     

    やりきった後には

    多くの笑顔が・・・

    やっぱり・・・

     

    サッカーは楽しいね!!楽しい

     

     

     

    いろいろなところにカメラがあり視線が揃っていないけど

     

    良い顔していますね!

     

     

    “サッカーの楽しさ”を感じらることができましたね!!

     

     

     

    最後に・・・

     

     

     

    6年生の2人・・・

     

    本当にありがとう。

     

     

     

    キャプテン、あきひろくん。

     

    年中からの8年間。

    暑い日も寒い日も、

    いつもどんな時も、

    真剣にサッカーに取り組み、

    どんな試合でも常に全力でプレーする姿は、立派でした。

    「ゴールを守る」ことが好きで、

    自陣ゴール前に立つプレースタイルは、

    幼稚園年中の頃から変わりませんでしたね。

    しかし、ただクリアすることだけで満足していた園児さんの時期から

    小学生に上がり、ボールをつなぐことの意識も出てきて、

    学年が上がるたびに、ボールを持って、ゲームを組み立てるプレーも

    行えるようになりました。

    サッカープレーヤーが、自然に成長する姿(プレースタイルの進化)を

    グラウンドで見せてくれました。

    低年齢の子にも優しく、指導者が忙しそうにしていると

    自然に手を貸してくれる“nice guy”に成長しました。

     

     

    副キャプテン、だいちくん。

     

    園児さんの頃から始める子が多い中、

    2年生からのスタートでした。

    さらに、少し離れた学校(幼稚園)のため、

    正に一からのスタートでしたね。

    同級生たちが他のスポーツに変わったり、

    移籍したり、人数が少なくなっていく中、

    どんどん頭角を現わし、なくてはならない存在に

    成長しました。

    右サイドでのプレーを得意とし、攻守にわたり、

    バランスの良い動きができるところが特徴です。

    さらに、柔道で鍛えた身体が、対人の際の大きな力となり、

    サッカープレーヤーに必要な“球際の強さ”を発揮。

    要所要所で際立つプレーができるようになりました。

    おとなしいながら、文章能力にも長け、

    時に提出するその文章からは、サッカーに対する強い想いが

    伝わってきました。

    “逞しく、熱い男子”に成長しました。

     

     

    2人は、人数が少なくなり、試合ができなくなっても、

    アレグランの良さを理解し、

    自分の意志でここまで続けることができました。

     

    小学生ながら、正しい判断力と実行力、そして継続力を

    身につけた2人には、本当に感心させられました。

     

    どんな困難なことがあっても、

    気持ちを絶やさず、最後までやり遂げることができた

    この小学生時代のサッカーの経験は、

    きっと将来の大きな力になるはずです。

     

    君たちは、アレグランの誇りです。

     

    いつまでも基礎と基本を大切に、

    自分を信じて、そして謙虚に、

    これからもサッカーに取り組んでいってください。

     

    2人のこれからの人生が素晴らしいものになることを

    心から祈っています。

     

     

     

    中学校生活、がんばってください!

     

     

     

     

     

     

    | アレグランとうかい | アレグラン | 21:36 | - | - |

    一番上へ