皆さま、こんばんは。

 

 

台風5号、

 

凄い風と雨でしたね。台風

 

しかし、久しぶりにまとまった雨により、

 

東海地方の水瓶も少し潤ったことと思います。水

 

 

 

 

 

さてさて、

 

前回の続きです。

 

 

 

人間の腕には主に

 

 

“引く力(運動)”

 

 

“押す力(運動)”

 

 

2つがあります

 

・・・

 

 

と書きました。

 

↓

 

 

 

“引く”

 

・・・

つまり、腕を曲げる時に使う筋肉

 下

 

 

 

 

“押す”

・・・

つまり、腕を伸ばす時に使う筋肉

 下

 

 

 

 

発動する(収縮させる)筋肉は、

 

「それぞれ違います」。

 

 

 

 

 

「さかあがり」には、

 

腕の力、“引く力”がポイントでした。

 

 

 

 

では、

 

さかあがりを見てみましょう。

目

1

3

 

 

13の間に

 

 

2があるのですが・・・

 

 

そのシーンがこちらです。

下

2

 

腕の力で鉄棒を引きつけています!

 

 

 

なぜ

 

この力が必要なのでしょうか ?

 

 

 

それは

 

鉄棒と自分との間を縮めるためです。

 

[👇この間が“課題”なのです]

 

これ(*体を鉄棒との間を縮める)には、

 

“引く力”が必要になります。

 

 

 

 

 

ではでは、具体的に解決するためには・・・

 

 

ウエイトトレーニング・・・

 

ではありません。ダメ

(大人であれば別ですが・・・)

 

 

 

子どもの場合、

 

『積極的に引っぱる』

 

運動を経験することです!

 

 

 

 

例えば、

 

 

はしごのぼり

 

 

“引く力”を出していますね!

 

 

綱引き

 

 

これまた、“引く力”を出していますね!!

 

 

 

筋トレではなく・・・

 

日常の中にあるいろいろな運動

 

『“自然な”動き』

 

にもポイントがあります!

 

 

 

身体を動かすチャンスは

 

身近なところに実はたくさんあります。

 

例:東海市三ツ池公園の遊具

↓

 

 

まず、積極的に身体を動かす(使う)ことですね。

 

 

そして次に

 

成長期に

 

継続して

 

意義のある効果的なトレーニングを施すこと

 

です。

 

 

 

そうすれば・・・

 

さかあがりも簡単にできるようになります!

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM