皆さま、こんにちは。

 

ゴールデンウィークも後半。

 

貴重な祝日。。。GW

 

 

活動がお休みのこの機に

 

4月のアレグランが関係しました

 

子どもたちの活動風景を振り返りながら

 

改めて

 

「これまでアレグランが大切にしてきたこと」

 

 

「これからもアレグランが大切にしていくこと」

 

を確認しています。考える

 

 

 

 

このたびは、体育教室です。

 

 

今回取り上げますことは、体育教室だけでなく、サッカーも

 

どのようなスポーツも同じであると考えています。

 

 

 

立ち姿

 

 

つまり

 

"姿勢"

 

です。ポイント

 

 

 

 

何気なく立っている姿勢を観ているだけで

 

 

・・・

 

 

「身体を動かす(使う)のが上手か」

 

それとも

 

「身体を動かしきれない、使いこなせないのか」

 

 

実は分ってしまいます。!

 

 

 

 

体育教室は

 

 

そう

 

・・・

 

『身体を育てる』こと

 

です。

 

 

 

ところで、身体は

 

どこがポイントになるでしょうか?

 

・・・

 

それは

 

 

 

 ‖隆

 

 ➁腕のつけ根

 

 5咾里弔浦

 

です。

 

 

 

 

 

,梁隆瓦

 

身体の中心軸の部分

 

👆

この部分の力は

 

"身体の締め"

 

"バランス調整"

 

などを大きく左右します。

 

 

 

 

➁の腕のつけ根は、

 

肩甲骨周辺

👆

ここは、腕を動かすための大きなポイントになります。

 

歩く、走る際の腕振りに深く関与します。

 

 

 

 

の骨盤

 

👆

ここは、2足歩行する人間のとても肝心な部分です。

 

骨盤の上に身体の約半分が乗り、その下にそれを支える脚があります。

 

 

 

 

ですから・・・


アレグランの体育教室では

 

 

運動前に

 

この2つの動作を通して

 

"大切な個所"に働きかけます。

 

 

 

 

身体を動かす上に置いて重要なこと

 

それは何でしょうか❓

 

 

 

 

身体構造から導き出した的確なトレーニングを施すことが

 

アレグランで最も大切にしていることの一つです。