アレグラン日記

アレグラン東海の日々の活動をご報告します!
GOAL! -その3-
0

    皆さま、こんばんは。

     

    くもりお日さまが出れば暖かく

    ・・・お日さまが雲に隠れると寒い

     

    そんな一日でしたね。

     

    活動オフの日を利用して、

    午前、午後と全く異なるカテゴリーの試合を

    それぞれ観戦しました。

     

    午後は3日間に亘り、

    刈谷市で開催されていました、

    「デンソーカップ」

    の2日目を観戦しました。

    大学生の(全日本・地域)選抜チームによる対抗戦・・・

    子どもたちの将来の姿を探してきました。。。

     

     

     

    さてさて、

     

    同じタイトル「GOAL!」 ・・・

     

    今回が最終回になります。

     

     

     

    GOALは・・・

     

     

     

     

     

     

     

    ・・・

     

    どちらも有名な

     

    です。

     

     

     

    先回の週末練習会・・・

     

    当日もたくさんゲーム(試合)を行いました!流れ星

     

    予定の練習会の時間の後も

     

    “いつも通り”

     

    『リーダー対決』

     

    を楽しみました!!

     

    *リーダー対決とは…指導者(リーダー)も交えた親子混合の紅白戦です。

     指導者と対戦できる、つまりリーダーと対決できる貴重な時間でもあります☆☆

     

     

     

     

    「お願いします」

    今日は、“” ですね。

     

    両チームのキャプテンの登場です!?

    (青:年少さん vs. 緑:お父さん)

     

    「ボール決めジャンケンポン!」

    年少さんの

     

    ジャンケンの結果・・・

     

    青チームのkickoffでスタート!!サッカー

    園児さんも積極的にプレーしていますね!

     

     

    チェックドリブルで運ぶ際の、

     ボールの置き場所は正しいでしょうか?

     

    チェック攻撃側の味方は、

     良いところに動けているでしょうか?

     

    チェック守備者は、

     ボールウォッチャーになっていないでしょうか?

     

    たとえ“お楽しみ”のリーダー対決でも

     

    プレーの質は、いつも考える必要があります!

     

     

    そして、

     

    大人、子どもの、特別な区別は設けません。

     

    誰も一サッカープレーヤーとして尊重し、

     

    同じピッチの中で正々堂々とプレーし、

     

    サッカーを楽しみます!

     

     

    ・・・

     

    おやおや??

     

    この中に明らかに子どもではないけれど

     

    現役さながらのサッカープレーヤーが混じっています!

     

     

    胸番号のついたゲームシャツを着ていますね。

     

    一体、誰でしょうか???

     

     

     

    それは・・・

     

    (現在は)さんさんネットワークの仲間、

     

    ゆうすけくんです。

     

     

    さんさんネットワークについては以下をご参照ください!

    下

     

     

     

    今から10数年前のことですが

     

    私がまだ名古屋市内で指導を務めていた頃(*以前の職場)に

     

    ゆうすけくんは、当時のクラブのメンバーでした。

     

     

    園児さんの頃から、

     

    アレグランをスタートするにあたり、

     

    以前のクラブを離れるまでの数年間、

     

    指導を担当しました。ホイッスル

     

     

    当時は、サイドでスピードあるプレーが持ち味でしたが、

     

    中学になったら中盤の底(ボランチ)になっていました。びっくり

     

     

     

    離れてしまった後にも交流は続き、

     

    小学校を卒業した後から、現在までお父さんから

     

    成長を耳にしていました。耳

     

     

    小さかったあのころから・・・

     

    現在は高校3年生(間もなく高校卒業)。

     

    とても大きくなりました。背

     

     

    しかし、

     

    良い意味で全く変わっていない姿に・・・

     

    思わず感動。。。涙

     

     

    受験も終わり、今春から進む某難関国立大学に合格を果たしました。

     

    正に文武両道。鉛筆サッカー

     

     

    ただ・・・

     

    私が本当に驚いたのは、それではありません。びっくり

     

     

     

    活動の終わりに、初めて見る大人や子どもたちを前に

     

     

    「ゆうすけ今日はどうだった?

     

     君から見たアレグランはどうだった?」

     

     

    という質問をいきなり投げかけました。

     

     

    その問いに・・・

     

     

    「園児から大人まで、年齢に関係なく

     

     しっかりとサッカーができていたのが素晴らしかった」

     

     

    と答えてくれました。

     

     

    欲張りな私は、さらに・・・

     

     

    「では、率直にアレグランの子どもたちは、どう思った?」

     

     

    と質問しました。

     

     

     

    「どう思う??・・・」

     

     

    と一瞬戸惑ったので、

     

     

    「これはまずい・・・」

     

     

    “若者によくありがちな”

     

     

    『言葉が出ない』

     

    ケースかな・・・と一瞬心配になりました。。。

     

     

    しかし、

     

    その後、“良い意味”で、私の心配を裏切りました!びっくり

     

     

    みんなは、とてももったいない。

     

     ハーフタイムで遊んでいる時にボールを触っている様子を観ると、

     

     とても上手なのに、

     

     いざゲームになると、

     

     自分からボールを受けに行けていない。」

     

     

    といった冷静でするどい一言を話してくれました。驚き

     

     

    この子どもたちとの、“たったわずかな時間”の中で、

     

    アレグランっ子の現状(課題)を見事言い当ててくれました。

     

     

    まだ18歳の若者です。

     

    その落ち着きと感性に驚かされました。

     

     

    そして、

     

    幼い子どもたちにも優しく接する態度。ハート

     

    アレグランっ子(特に低学年)は解散後も

     

    いつまでも初めて逢ったお兄ちゃんの元を離れようと

     

    しませんでした。。。

     

     

    正に、

     

    アレグランが目指す『GOAL』がここにありました!

     

     

     

    アレグランの活動には、ゴールがあります。

     

     

    大人の入り口に差し掛かる18歳の時に、

     

    サッカープレーヤーとして、

     

    そして

     

    一人の人間として

     

    どのような姿になっているかです。ポイント

     

     

     

    そしてその時点で、

     

    どうなっていて欲しいか・・・

     

     

    それは

     

     優しく

     

     賢く

     

     強い

     

    男の子・女の子です。

     

     

    つまり、

     

    チームのキャプテンを任される存在です。

     

     

     

     

    例えば

     

    分かり易くは・・・

     

    キャプテン翼の翼くんのような

     

     

    実在する人物では

    澤穂希さんのような

     

     

    チームを

     

    社会を

     

    日本をリードしてくれる

     

     

    人物に

     

     

    『成長』して欲しいと願っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | アレグランとうかい | サッカー | 21:21 | - | - |

    一番上へ