さあ、

 

最終章です。

 

 

 

 

 

 

そう、

 

前回、

 

前々回、

 

と続いていました

 

👆

このシーンが

 

主題の内容です。

 

 

 

「サッカーは、ボールを保持する〜」

 

まとめです。

 

 

 

 

では今回も進めます。

 

 

ボール保持者は

 

追い込まれていますね。

 

 

(このトレーニング、ボールは🔺コーンでしたね!)

 

 

 

で、

 

追い込まれる時、、、

 

サッカーには

 

多々あります。

 

 

 

追い込まれないように、

 

 良い状態でボールに出会うこと

 

 ❷ボールに出会うと速やかに相手を引きはがすこと

 

この2つは重要なことです。

 

 

 

 

また、もう一つ大切なことは、

 

サッカーはチームスポーツなのですから、

 

「自分で相手をしょい込む必要もない」

 

「自分で全てを解決しようとしなくてもいい」

 

ということです。

 

 

 

局面を一人で打開できるプレーヤーを見ますと

 

▷「責任感が強い」

 

▷「たくましい」

 

と感じます。

 

 

 

そして、

 

▷「上手い!」

 

と感じます

 

よね。

 

 

 

でも、

 

サッカーは個人競技ではありません

 

 

 

 

「ボールをいかに相手ゴールに入れるか」

 

を、

 

“チーム単位で競っている”

 

のです。

 

 

 

 

ですから

 

「ボールを離さないこと」

 

は、

 

「=(イコール)個が強い」

 

とも捉えられがちですが、

 

それは少し、

 

いや

 

『大きく違う』

 

と、思うのです。

 

 

 

 

再度確認ですが、

 

「サッカーは

 

 どのようなスポーツでしょうか?」

 

と、言いますと

 

ボールの奪い合い

 

 

ゴールの奪い合い

 

 

“集団で行っている”

 

のです。

 

 

 

したがって、

 

ボールを意固地に離さず、

 

結局ボールを失っているようでは、

 

・・・

 

「サッカーの本質からズレている」

 

と、言われて仕方ない

 

・・・・・・

 

のではないでしょうか。

 

 

 

 

 

それを踏まえた上で、

 

今回も

 

ボールキープをピックアップします。

 

 

サッカーでは、

 

前を向けない

 

前を向かせてもらえない

 

体勢を強いられることがあります。

 

👇


 

 

このようになった時、

 

ボールを保持していますプレーヤーは、

 

心理状態が動かされます。

 

 

(@_@)

 

 

 

「やばい❕」

 

から始まり、

 

「どうしよう💧」

 

・・・

 

そして

 

「もうだめかも💦」

 

に、なるのです。。。

 

 

 

 

そして

 

相手は、

 

それをねらっている

 

のです。

 

 

 

心理戦ですね。

 

 

 

で、

 

ここで勝つには

 

強い心

 

が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

でも・・・

 

 

って、よく分かりませんよね。。。

 

 

 

 

しかし一方、

 

例えば

 

サッカー選手の身体

 

・・・

 

足の筋肉

 

・・・・・・

 

👆

 

( ゚Д゚)

 

 

「これはすごい❕❕」

 

と、

 

誰でも観れば解ります!

 

 

 

 

で、

 

技術は?

 

👆

 

(  ̄0 ̄) 

 

「これは上手い!」

 

ボールを奪われたか?奪われなかったか??

 

で、見分けがつきます。

 

 

 

 

でも

 

・・・

 

心の部分は

 

・・・・・・

 

目で見る限りでは

 

解りません!!

 

 

 

 

しかし、

 

 

「ボールの奪い合いのシーン」

 

で、

 

明らかに求められるのが、

 

“心の面”

 

ではないでしょうか。

 

 

 

 

絶対に勝つ

 

という

 

強い気持ち

 

 

 

 

ここの部分を

 

育成年代から伝え、

 

実践できるように、

 

子どもたちを導く必要があります。

 

 

 

 

 

もちろん、

 

子どもがボールを奪いに行く際も同様。

 

👇

 

相手が

 

「大きくとも」

 

「力強くとも」

 

怯まず、挑戦していく姿勢を

 

植えつけます。

 

 

 

 

「最初から負ける」

 

「やっても無駄」

 

は、ないのです!!

 

 

 

 

そして、

 

グラウンドで

 

果敢にチャレンジした経験が

 

勉強の面で

 

・・・

 

さらには、

 

人生の苦しく、諦めそうになる場面で

 

しっかりと困難に向き合い

 

結果を残す人間になれます

 

 

 

 

アレグランでは、

 

そこを強く信じて

 

子どもたちにサッカーを与えてきました。

 

 

 

 

心の中は

 

覗くことはできません。

 

 

 

 

しかし・・・

 

その人の行動や姿勢を見ていると

 

解ります。

 

 

 

 

 

(弱気な心に)勝てる人間が、

 

サッカーでも目の前の相手に勝てるのです。

 

 

 

 

 

力強く前に進める人間を育てることができる

 

サッカーは、

 

そんなスポーツなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM