明けましておめでとうございます。

 

 

 

皆さま、冬休みはいかがお過ごしになられましたでしょうか❔

 

 

わが子(☚もちろんアレグランっ子)は・・・

 

ぐだぐだでしたね。。。

 

 

 

「でも、まあいいか(正月だから)。。。」

 

 

と、なりそうですが

 

タイトルの通り、

 

『一年の計は元旦にあり』

 

なのです。

 

 

 

 

だから

 

正月からボールに触りました。(と、いいますか触らされました💧)

 

 

 

 

ではでは今回は、

 

その様子を書きたいと思います。

 

 

 

 

 

大切なことは、

 

利き足で正確にボールを扱えること

 

です。

 

 

 

 

やっぱり何度考えても感じることですが・・・

 

 

サッカーは

 

利き足を意識する

 

利き足からきちんと始める

 

ことが、とても大切なこと

 

ではないでしょうか。

 

 

 

例えば、野球。

 

 

捕る手は決まっています。

 

その捕る手は、利き手と反対の手。

 

グローブをつけている手が捕る手になります。

 

 

 

そして、少し話は逸れますが

 

その手でボールを受けるのは・・・

 

「正面で(ボールを捕る)が基本である」

 

と言われています。

 

(正にその通りだと思います)

 

 

でも、

 

グローブと反対側に鋭いボールが飛んできた時は・・・

 

どうしても、

 

バックハンド(逆シングル)で捕る必要がでてきます。

 

 

 

話は戻ります。

 

 

一方・・・

 

サッカーは両足使えます。

 

(グローブなどをはめていないからです)


 

 

だから、

 

サッカーは

 

左右どちらでもボールを止めることができて

 

左右どちらでもボールを蹴ることができます。

 

(野球の逆シングルのような、ひねってボールを捕ることも必要はありません)

 

 

 

でも・・・

 

やはり・・・・・・

 

人間にはそれぞれ

 

“利き手”

 

“利き足”

 

が、あるはずです。

 

 

 

 

だから、

 

アレグランでは、

 

利き足でボールを扱うことを

 

丁寧に教えます。

 

 

 

 

サッカーは

 

片足で行います。

 

 

 

片足で立てないと・・・

 

上手く利き足でボールを触ることができません!!

 

 

 

しかし

 

 

通常のトレーニング(サッカークラス)であろうと

 

コソ練であろうと

 

・・・

 

目を離していると

 

子どもたちは適当にボールを触っています。

 

 

 

 

・・・・・・・

 

例えば、先の写真のようになっています。。。

 

 

 

❔❓❔❓

 

 

 

どういうこと????

 

 

 

↗軸がありません。。。

 

 

 

軸??????

 

 

 

そう

 

 

つまり

 

 

片足で立つことです。

 

 

 

簡単に説明しますと、

 

真っ直ぐ立つことです!

 

 

 

サッカーは、

 

きちんと片足で立つことがとても重要なのです❕❕

 

 

 

その部分をきちんと指導しなければ・・・

 

一向にボールコントロールは上達しないのです!

 

 

👆

ここから正しい一本足の姿勢になることが重要なのです。

 

 

 

 

正しい繰り返しが


上達へと導きます。

 

 

 

ただやるだけでは🙅

 

 

 

正しい反復・・・

 

今年もこの部分にアレグランは拘りたいと考えています。

 

 

 

全ては子どもたちの成長のために。。。